【試乗】虻も蜂も取ったメルセデスAMG A 35! ハイパワーでありながら扱いやすい仕上がりは女性にもマッチ (1/3ページ)

【試乗】虻も蜂も取ったメルセデスAMG A 35! ハイパワーでありながら扱いやすい仕上がりは女性にもマッチ

精悍なデザインと「タダ者ではない」存在感

 究極のハイパフォーマンスを追求するために、ボディ、サスペンション、エアロダイナミクスなどAMGが入念に手を入れた渾身の1台。そんな「AMG A 35 4MATIC」を目の前にすると、落ち着いたなかにもひしひしとタダ者ではない迫力が伝わってくる。

メルセデスAMG A 35 4MATIC

 AMGらしいツインブレードのフロントグリル、ルーフスポイラーや大型のデュアルエグゾーストエンドなど、見れば見るほどそれは特別なエッセンスに満ちていた。

メルセデスAMG A 35 4MATIC今回の試乗車は、発表記念特別仕様車のEdition 1だけに、デニムブルーと呼ばれるボディカラーや、マットテックゴールドが配された19インチAMGマルチスポークアルミホイールなど、より精悍な雰囲気が増している。

メルセデスAMG A 35 4MATIC

 アクセントステッチが素敵な専用のマグマグレー×ブラックレザーのDINAMICAパフォーマンスシートに身を預けると、インテリアも特別感でいっぱいだ。

メルセデスAMG A 35 4MATICナッパレザーの“Edition”ロゴ入りAMGパフォーマンスステアリングは手にしっくりと馴染み、大きなデジタルインフォメーション画面でスッキリとしたインパネは、視線移動が少なく広い視界の確保にも貢献していると感じる。

メルセデスAMG A 35 4MATIC

 スタートボタンで目覚めさせたのは、最高出力306馬力、最大トルク400N・mを誇る2リッター直4ターボエンジン「M260」。フォンフォンッと猛々しい音が響き渡り、ゾクゾクと高揚感を煽ってくる。それでもアイドリングは静かで振動も小さく、上質感を忘れていないのがAMG A 35だ。

画像ギャラリー