スズキの東京モーターショーへのEVやPHEVのコンセプトカー出展はトヨタとの関係強化の現れか? (1/2ページ)

スズキの東京モーターショーへのEVやPHEVのコンセプトカー出展はトヨタとの関係強化の現れか?

スズキが得意とするコンパクトカーで新たなアイデアを提示した

 130万人もの来場者を集めたという東京モーターショー2019。思い返せば、スズキのブースでは2台のショーモデルがステージ上で注目を集めていた。1台はスイッチひとつでクーペからワゴンボディへ変身、フロントマスクやインパネ意匠を切り替えることもできる『WAKUスポ(ワクスポ)』。もう1台は完全自動運転を前提としたモバイルルーム『HANARE(ハナレ)』だ。スズキのショーモデル

 いずれも全長4m未満のコンパクトカーで、いかにもスズキが得意としているカテゴリーへの提案といえる。とはいえ、小さなスライドドアを持つワクスポのボディや、ステアリングなどのないモバイルルーム、ハナレはすぐさま公道デビューをするタイプのコンセプトカーではないことは自明。アイディアの提示という段階だ。そのせいか、パワートレインについてはワクスポはPHEV、ハナレはインホイールモーターのEVと発表されているが、モーターショーでパワートレインについて積極的にアピールしていた印象はない。スズキのショーモデル

 それでも、最近のスズキとトヨタの協業関係が深まっていることを知っていると、トヨタの電動化技術を採用しているのではないか? と思うかもしれない。その協業は2016年10月、2017年2月に業務提携に向けた覚書を締結したことからスタートしている。

 以来、2019年3月にはトヨタからTHS(トヨタハイブリッドシステム)の供給や、トヨタからスズキへの電動車OEMといった具体的項目が発表された。2019年8月には資本提携まで踏み込んだ合意書を締結している。また、スズキはこうした関係を受けて、トヨタがマツダやサプライヤーと立ち上げた電気自動車のコモンアーキテクチャー開発会社「EV CA Sprit」にも参画している。スズキのショーモデル

画像ギャラリー