上級モデルは安全装備も充実! ジープ・ラングラーが仕様変更&限定車アルティテュードも設定

上級モデルは安全装備も充実! ジープ・ラングラーが仕様変更&限定車アルティテュードも設定

ベースモデルは装備も充実するなど魅力アップ

 FCAジャパンは、Jeepブランドの人気モデル「ラングラー」の仕様を変更した。同時に内外装をスタイリッシュに仕立てた限定車「アンリミテッド・アルティテュード」を設定し、11月23日(祝・土)より210台限定で発売する。

 現行モデルは2018年10月にデビューし、高いオフロード性能と大幅に向上した居住性などが好評。今回の仕様変更では、「Sport(2ドア)」、「Unlimited Sport(4ドア)」、「Unlimited Sahara(4ドア)」、「Unlimited Rubicon(4ドア)」の4グレード7仕様をラインアップ。モデルごとに仕様を見直して魅力を高めている。

「Sport(2ドア)」と「Unlimited Sport(4ドア)」は、新たに衝突被害軽減ブレーキ付き前面衝突警報とアダプティブクルーズコントロール(STOP機能付き)を標準装備。Unlimited Sportは、エンジンを従来の2L直4ターボ(272馬力)から3.6L V6(284馬力)へと変更となっている。また、過去限定車に設定されて人気だった車体色「ヘラヤライエローC/C」を、カタログモデルとして追加した。

 Unlimited Sahara(4ドア)は、エンジンを2L直4と3.6L V6のふたつから選択することが可能となったほか、レザーシートが標準装備に。なお、受注生産とはなってしまうが、ファブリックシートも選択可能だ。

 Unlimited Rubicon(4ドア)は、ボディカラーにヘラヤライエローC/Cを追加したほか、従来モデルではパンプキンオレンジもしくはシルバーだったダッシュボードベゼルは、全モデルでレッドに変更されている。

 そして、他モデルに設定されて好評の限定モデル「Altitude」を原稿ラングラーに初設定。グロスブラックをアクセントに用いたフロントグリル&ヘッドライトベゼル、18インチアルミホイールによってスタイリッシュに仕立てられている。

 インテリアは、グロスブラックのダッシュボードベゼル、Mopar製ハードトップヘッドライナー、ブラックレザーシートのほか、ダークグレーのステッチが随所にあしらわれて上質感をアップ。とくに注目したいのがMopar製ハードトップヘッドライナーで、夏は断熱効果、冬は保温効果を発揮する機能部品でもある。快適なドライブに貢献してくれるアイテムだ。

 限定モデルのボディカラー内訳は、ブライトホワイトC/Cが90台、グラナイトクリスタルメタリックC/Cが120台となっている(内装色はいずれもブラック)。

 各モデルのメーカー希望小売価格は下記の通り。ラングラー

画像ギャラリー