愛車を売却するときキズや凹みがある場合は「お金をかけて事前に補修」or「そのまま査定」ドッチがお得?

愛車を売却するときキズや凹みがある場合は「お金をかけて事前に補修」or「そのまま査定」ドッチがお得?

直しても査定が大幅アップすることはない!

 下取りや買い取り専門店での査定時に気になるのが、ヘコミなどの不具合は事前に直したほうがいいのかどうか。たとえば、ボディが凹んでいて査定額が5万円マイナスになるぐらいなら、自腹で直してマイナスにされないようにするなど。

 結論からいうと、直さないほうがいい。なぜなら、業者の場合はプロならではのルートで安く直せるので、マイナス分と自腹分を天秤にかけた場合、自腹を切った方が損になるケースが多いからだ。もちろん自分は格安で直してくれるところを知っている、というなら別だが、そんな人はあまりいないし、手間的に安いとはいえ直す必要があるのかははなはだ疑問だ。

愛車を売るとき傷や凹みは事前に補修するべきか

 また、小キズを磨いて取ってもらってから査定してもらっても大幅にアップすることはないし、ヘタしたら加点はないかもしれない。せいぜい「きれいですね」、でお終いということもあり得る。探している客がすでにいてすぐに見せるという場合は別だろうが、それもあまりないだろう。

 以前、有名買い取り店の整備センターを見に行ったことがあるが、買い取ったクルマをどんどんと流れ作業で整備していて、査定前に自分で直すレベルでは太刀打ちできないな、と思った覚えがある。そのまま持ち込んで、商談でマイナス幅を小さくする努力をしたほうがいいだろう。いずれにしても、変に知恵を使わず、そのままが懸命だ。

愛車を売るとき傷や凹みは事前に補修するべきか

 逆に査定をマイナスにさせないので有効なのは、たとえば社外パーツにした場合、純正を取っておくということ。改造前提のチューニング系中古車店なら話は別だが、一般的には純正状態に近いほうが望ましい。できるなら査定前に自分で純正に戻して持ち込んだほうが、外したパーツは別で売却できたりもするので有利になる。

画像ギャラリー