【ながら運転の罰則強化も自転車は対象外!!!】危険運転が放置される現状への疑問 (1/2ページ)

【ながら運転の罰則強化も自転車は対象外!!!】危険運転が放置される現状への疑問

12月1日からながら運転の罰則が強化された

 スマホのながら運転が問題になってけっこうな時間が経つが、やっと罰則強化がなされた。ご存じのように2019年の12月1日から、改正道路交通法が施行され、画面の注視や保持、操作で反則金がこれまでの3倍の1万8000円となり、違反点数は1点から3点へ。また事故など、危険を生じさせた場合の違反点数は6点なので一発免停。反則金ではなく罰則、つまり裁判で決められることになる。

【関連記事】うっかりミスで80万円! 意外と知られていないクルマの高額罰金6選

ながら運転の罰則はクルマ以外にも適応されるのか画像はこちら

 というのはいろいろなメディアで取り上げられていること。ただ、対象がクルマだけなのかということは意外に触れられておらず、気になるところ。クルマ関係のメディアが多いし、問題になっているのがクルマということがあるのだろうが、対象は4輪車だけなのだろうか?

名前:
近藤暁史
肩書き:
-
現在の愛車:
フィアット500(ヌウォーバ)/フィアット・プント/その他、バイク6台
趣味:
レストア、鉄道模型(9mmナロー)、パンクロック観賞
好きな有名人:
遠藤ミチロウ、岡江久美子

画像ギャラリー


新着情報