【冬の朝イチの車内は極寒地獄!】辛い思いをしないためのクルマの寒さ対策5選 (1/2ページ)

【冬の朝イチの車内は極寒地獄!】辛い思いをしないためのクルマの寒さ対策5選

車外よりも寒いと感じるほど冷えることも

 冬の朝イチ、クルマに乗り込んだ瞬間の寒さというか冷たさと来たら、キーンとしていて車外よりも寒いんじゃないかというぐらいだ。今回は対策を紹介したい。

1)リモコンエンジンスターター

 ボタンひとつで家のなかからエンジン始動。ヒーターをかけておけば乗り込んだときはぬくぬく。以前であれば寒さ対策の切り札と言えたのだが、まずアイドリングによる環境問題があって、さらにクルマの制御が複雑化して、最新のクルマには対応していないのが現状だ。リーフではスマホからヒーターをかけたりできるが、もちろんアイドリングしないので問題はなし。

【関連記事】一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

冬の車内の寒さ対策画像はこちら

2)窓に毛布をかけておく

 ボディ部分は断熱材も入っているのでいいのだが、問題はガラス。触ればわかるようにかなり冷たい。ここから冷気が入り込んでくるので、古い毛布を窓にかけたり、ボディカバーをするだけでもけっこう違う。

冬の車内の寒さ対策画像はこちら

画像ギャラリー


新着情報