【なぜ販売台数でダブルスコア?】日産キャラバンがトヨタ・ハイエースに勝てないワケ (1/2ページ)

【なぜ販売台数でダブルスコア?】日産キャラバンがトヨタ・ハイエースに勝てないワケ

取り扱いディーラー数では遜色ない

 普段路上を見ていても意識しないと気付きにくいが、商用1BOXバンを中心に10人乗りワゴンや14人乗りマイクロバスのコミューターもあるトヨタ・ハイエースは頻繁に見かける1台である。対してハイエースとまったく同じジャンルとなる日産キャラバンを路上で見る頻度は、ハイエースに比べると格段に少ない。

 2018年の販売台数を見てもハイエースバン5万7893台、キャラバンバン2万3713台とハイエースバンはキャラバンバンの2倍以上売れており、路上で見る頻度が反映されている。ではなぜキャラバンはハイエースの半分も売れないのだろうか?

【関連記事】トヨタ新型ハイエースは超巨大化! 今のうちに4ナンバーの現行モデルを買っておくべき?

キャラバンがハイエースに勝てない理由画像はこちら

 販売ディーラーはキャラバンが日産全店なのに対し、ハイエースはトヨペット店、ハイエースの兄弟車となるレジアスエースがネッツ店とディーラーの数はそれほど変わらないだろう。

 過去には商用ユースで過酷な使い方をするとキャラバンはスライドドアなどの耐久性が低い、2001年から2012年まで販売されていたキャラバンの4代目モデルではハイエースのほうが圧倒的にスタイリッシュだったなど、決定的な問題がある時期もあった。しかしキャラバンが2012年6月に現行型の5代目モデルになってからはそのあたりもハイエースと遜色なくなっている。つまり現在のハイエースとキャラバンは販売台数が倍も違うほどの差があるクルマとも思えないのだ。

キャラバンがハイエースに勝てない理由画像はこちら

画像ギャラリー


新着情報