【冬はスタッドレスを履けば安心……じゃない!】憶えておかないと危険を招くサマータイヤに「劣る」ポイントとは (1/2ページ)

【冬はスタッドレスを履けば安心……じゃない!】憶えておかないと危険を招くサマータイヤに「劣る」ポイントとは

スタッドレスタイヤは意外にもウエット路面に弱い!

 今年の冬は暖冬と言われていても、いつ降るかわからないのが雪。東京でもある日突然ドカ雪が降り、サマータイヤを履いたままのクルマが路上で立ち往生している映像をニュースなどで見た経験もあるはず。

 そこで、クルマの冬支度として欠かせないのが、スタッドレスタイヤ。ホイールとセットで準備しておくのが正解で、新車ディーラーやタイヤ屋さんによっては、使わない時期に保管してくれる有料サービスもあるから便利だ。

1)ウエット路面に注意

 ところで、すでにスタッドレスタイヤに履き替えているとして、注意したいのが、スタッドレスタイヤは雪道を走るために特化したタイヤであり、意外かもしれないが、普通のタイヤ、つまりサマータイヤと比較して、舗装路の雨、ウエット路面には弱いタイヤなのである(横断歩道などのペイント路面やマンホールはとくに!)。

 スタッドレスタイヤは溝が深く、ギザギザしているので、一見、雨にも強そうだが、スタッドレスタイヤのブロックパターンは、サマータイヤと比較して溝が狭いことが多く、また寒さのなかで硬くなりにくい、柔らかいゴムを使っているため、サマータイヤと比べ、水を弾き飛ばす性能、水の排水性で劣るのである。

【関連記事】スタッドレスタイヤは「安いものを毎年買う」or「高価なものを数年使う」どちらが正解?

スタッドレスタイヤを履いたクルマで舗装路を走るときに注意すべきこと画像はこちら

 つまり、サマータイヤでも豪雨などの際に起こりやすい、ステアリング操作やブレーキが効きにくくなるハイドロプレーニング現象が起きやすくなるというわけ。スタッドレスタイヤを装着しているときにウエット路面を走る際は、スピードを落とし、よりスムースな運転を心掛けてほしい。

画像ギャラリー


新着情報