日本とイタリアの融合がテーマ! フィアット500の200台限定モデル「ジャポーネ」が登場

日本とイタリアの融合がテーマ! フィアット500の200台限定モデル「ジャポーネ」が登場

オシャレなステッカーが限定モデルの証!

 FCAジャパンは、フィアットブランドの人気コンパクトハッチバック「Fiat 500」に、限定車「500 Super Pop Giappone」を設定し2月15日(土)より200台限定で発売する。メーカー希望小売価格(税込み)は、189万円。

 今回の限定車は、イタリア語で日本を意味する「Giappone」の名の通り“日本とイタリアを融合”がテーマ。フィアットとユーザーを結ぶという思いも込められており、専用装備のステッカーは日本で古くからお祝いなどでの装飾として親しまれている「水引」をモチーフにしている。

 500は外からも車内からも魅力を体感できるよう、愛らしい内外装デザインが特徴。フロントフェンダーとインパネに、白・赤・緑を用いたトリコローレカラーの水引をデザインしたステッカーが貼り付けられている。FIAT500の限定車

 トータル200台は、ボサノバ・ホワイト(限定120台)、パソドブレ・レッド(限定40台)、ミント・グリーン(限定40台)という内訳に。今回は特別に、通常は有償となるカラーも車両価格に組み込まれており、追加料金は発生しない。

 ベース車となるのは500 1.2 Pop。JC08モードで19.4km/Lという低燃費を実現する1.2Lエンジンを搭載。Apple CarPlayやAndroid Autoに対応した7インチタッチパネルモニター搭載のオーディオプレイヤーやキーレスエントリーが標準装備となっている。

画像ギャラリー