日本の旧車スポーツの価格高騰はアメリカ人のせい! 「25年ルール」の本当の中身と功罪 (1/2ページ)

日本の旧車スポーツの価格高騰はアメリカ人のせい! 「25年ルール」の本当の中身と功罪

アンティークカーへの対応策で安全性に関するテストを免除

 アメリカ連邦法で、いわゆる「25年ルール」と呼ばれるものがある。同法が制定された背景には、19701980年代に横行した輸入車のグレー市場だ。本来、アメリカにクルマを輸入する場合、連邦法、および各州法に従って、車両安全性と排気ガス規制に対応する必要がある。

 アメリカでは1970年代に排気ガス規制が厳しくなり、大排気量エンジンから小排気量エンジンへの転換が進んだ。また、1980年代以降には、衝突安全性に関する法規制を設ける州が増えた。

 こうした中で、1988年に連邦法として「輸入車セイフティコンプライアンス法」が制定され、製造から25年を経過したクルマは、安全性に関するテストを事実上、免除することが決まった。また、連邦環境局も同法の施行を配慮するかたちで、アンティークカーに対する法整備を進めた。

 25年ルールを日本では、排ガス規制緩和という観点で見ることが多いが、輸入する際のコストでは、安全性に関する緩和での恩恵が大きい。安全性を証明するためのクラッシュテストなどの費用で膨大となるからだ。

旧車の25年ルールとは

 現状では、25年ルールでアメリカにクルマを輸入する際、連邦環境局と米運輸省からの許可を得た上で、使用するそれぞれの州法に基づく法規制を考慮する必要がある。

画像ギャラリー