【無防備だしうるさいしメンテも大変だしいいことある?】それでもソフトトップのオープンカーがなくならない理由 (1/2ページ)

【無防備だしうるさいしメンテも大変だしいいことある?】それでもソフトトップのオープンカーがなくならない理由

メリットはメタルトップのほうが明らかに大きいが……

 乗用車の「車体の形状」は、車検証上では「箱型」「幌型」「ステーションワゴン」の3種類しかない。このうち「幌型」=オープンカーは、別格な存在だ。

 オープンカーとほかのクルマの違いは、屋根が開閉できるかどうかという点にあるわけだが、このオープンカーの屋根には、閉めればクーペと同じようになる、メタルトップ(ハードトップ)のものと、昔ながらの布製のソフトトップの二種類がある。

【関連記事】【噂の真相】冬こそオープンカーの季節というけど本当か?

ソフトトップのオープンカーはなぜなくならないのか画像はこちら

 メタルトップはセキュリティの面でも、静粛性の面でも、断熱性の面でも、ソフトトップより優れていて、耐久性も高く、しかも基本的に電動で開閉できるのでエレガントでイージー。

 これだけ見ると、ソフトトップよりメタルトップのほうがメリットが大きいとしか思えないが、依然としてソフトトップを採用するクルマの方が多いのはなぜなのか?

画像ギャラリー