走れるからと放置は危険! クルマのエンジンをかけたときに出る「キュルキュル音」の原因と対処法 (1/2ページ)

走れるからと放置は危険! クルマのエンジンをかけたときに出る「キュルキュル音」の原因と対処法

まず疑うべきはベルトの消耗による滑り音

 エンジンをかけた直後に、ボンネットからキュルキュルと音がするという経験はないだろうか。しばらくすると消えるのでそのまま乗っていたら、どんどんとひどくなってきたというのはよくあるパターンだ。

 キュルキュルというかなり高い音がするので故障かと思うが、一番多いのはオルタネータ(発電機)やエアコンのコンプレッサーを回しているベルトの消耗で、プーリーに対して滑って音が出る。ちなみにしばらくすると音が消えるのは、ベルトは暖まるとわずかだが縮む特性があって、滑らなくなるからだ。

【関連記事】ドライブ直後にクルマから聞こえる「キンキン」「カンカン」という異音の正体とは?

クルマのエンジンをかけたときのベルト鳴り画像はこちら

 いずれにしても音が出るということは、ベルトが消耗している証なので、交換時期がきていることになる。また、調整がうまくいかずに滑っているのが原因のこともあるが、最近のベルトは複数の補機を1本で回すことが多いので、ベルトへの負担も大きいので、日常的な点検は重要だ。クルマのエンジンをかけたときのベルト鳴り画像はこちら

名前:
近藤暁史
肩書き:
-
現在の愛車:
フィアット500(ヌウォーバ)/フィアット・プント/その他、バイク6台
趣味:
レストア、鉄道模型(9mmナロー)、パンクロック観賞
好きな有名人:
遠藤ミチロウ、岡江久美子

画像ギャラリー


新着情報