雑な保管方法や過積載もダメ! 使用時以外にもあったタイヤのパンク要因とは (1/2ページ)

雑な保管方法や過積載もダメ! 使用時以外にもあったタイヤのパンク要因とは

タイヤの購入、使用、保管それぞれで注意が必要!

 JAFのロードサービス出動理由のうち、19%(バッテリー上がりに次ぐ全体の2位)を占めるタイヤのパンク。タイヤがパンクしてしまう要因としては、クギやネジなどを踏んでしまうなど異物が刺さることが多いと言われていますが、それだけではありません。今回は日本ミシュランタイヤにパンクが起きてしまう原因を場面別に解説してもらいました。

 パンクが起きてしまう場面として

タイヤ購入時(使用前)

タイヤ使用時(使用中)

タイヤ保管時(未使用中)

 の3つに分けてご紹介します。

1)タイヤ購入時(使用前)

 まずはタイヤの購入時です。意外に感じる人も多いと思いますが、補修用タイヤを購入する場合や標準タイヤサイズより過重指数が下まわるタイヤを装着した場合などでは、パンクを引き起こす可能性があります。

画像ギャラリー