サイズで括るも明確な規格じゃない! クルマの「セグメント」の中身と「カテゴリー」との違い (1/2ページ)

サイズで括るも明確な規格じゃない! クルマの「セグメント」の中身と「カテゴリー」との違い

「セグメント」は業界用語ともいえる

 新車発表会や、報道陣向け試乗会に行くと「このクルマはBセグメントとしては……」、「北米C/Dセグメントのなかでは……」といった表現をよく耳にする。このセグメントという言葉、自動車業界の普段の会話では「Bセグ」といった感じで短縮系で話す人も多い。そのため、自動車専門誌ではメーカー側の資料やコメントをそのまま使い、誌面やウェブ記事でもセグメントと記載されることがある。

 とはいえユーザーはもとより、実際に自動車販売を扱う新車ディーラーでも、日常的にセグメントという表現をすることはまずない。要するに、セグメントは自動車メーカーがクルマを商品企画、または製品企画する際、市場全体を俯瞰(ふかん)するうえで使う言葉だ。業界用語と言ってもよいかもしれない。

クルマの「セグメント」とは何か

 では、セグメントとは何か? 似たような言葉であるカテゴリーとはどう違うのか?

画像ギャラリー