「買うは高く売るは安い」という常識を覆す「値落ちしにくい」輸入車とは (1/2ページ)

「買うは高く売るは安い」という常識を覆す「値落ちしにくい」輸入車とは

輸入車特有のキュートさやオシャレさを加えた実用車も!

 輸入車というと“買う時は高いけど売るときは安い“というイメージをお持ちではないだろうか。確かに高級輸入車の上級モデルなどは、一年乗っただけで半額近くまで買い取り価格が下がってしまうというものも少なくない。

 しかし、これは輸入車=ブランド品という側面があることも影響しており、例を挙げるならハイブランドの洋服も旧モデルになった瞬間に価値が下がるのと同じような状態ということも言える。

 一方、古くなってもその価値を維持し続けるブランド品があるように、輸入車もまた中古車になっても値崩れしにくいモデルというものが存在している。今回はそんな値崩れしにくい輸入車をご紹介しよう。

1)キュートな実用車たち

 国産車では値崩れしにくいイメージのない実用車たちだが、輸入車特有のキュートさ、オシャレさが加わると一気に値崩れしにくくなる。例を挙げるなら、フィアット500、BMWミニ、フォルクスワーゲン・ビートルといったところだろうか。

値崩れしにくい輸入車画像はこちら

 どれも実用的なハッチバックであるだけでなく、その車両が家の前に停まっているだけで何となく生活が華やかになりそうなイメージのあるクルマたちであり、同年式の国産車に比べても値崩れしにくくなっているというわけだ。

値崩れしにくい輸入車画像はこちら

画像ギャラリー