バカ売れのトヨタ・ライズだから違いがほしい! モデリスタとTRDが魅せる個性派スタイル (1/3ページ)

バカ売れのトヨタ・ライズだから違いがほしい! モデリスタとTRDが魅せる個性派スタイル

アプローチの異なる仕立てはどちらも個性的

 売れているクルマに乗るということは、間違いないという“安心感”がある反面、街なかで同じクルマに何度もすれ違ったり、駐車場で並んでしまったり、やや“特別感”が薄れてフクザツな気持ちになることも。ホイールを変えたり、ちょっとしたアクセサリーを加えたりしても少し気分は変わりますが、せっかくなら、そのクルマを知り尽くしたプロが技術と感性を結集して作り上げた、カスタマイズアイテムに注目してみましょう。

 今回は、トヨタ直系の2大カスタマイズブランド、「モデリスタ」と「TRD」がライズのためだけに作った、渾身のカスタマイズアイテム装着モデルを徹底チェックしてきました。

 まずは、デーンとド迫力で華やかさがハンパない「モデリスタ」と、赤い挿し色がピリリと効いてスポーティさを増した「TRD」の2ショットという、なかなか珍しい光景に圧倒されます。どちらも、5ナンバーサイズのはずのライズが堂々と大きく見え、ものすごいオーラを放っています。遠目からでも「お?」と視線を釘付けにされるような、ガラリと大変身している2台。いったいどんなアイテムが装着されているのでしょうか。モデリスタとTRDのライズ

画像ギャラリー