安く買えるがメーター戻しや修復歴隠しも! ネットオークションや個人売買での中古車購入に潜む罠 (2/2ページ)

購入後のトラブルを避けるためにも中古車専門店がある

2)修復歴の改ざん

 走行距離と同じく、車両の状態を判断する上で大切な修復歴の有無。もちろん、修復歴があってもしっかり直されていれば、相場よりも安く購入できることもあってデメリットばかりとも言えない部分だが、修復歴があるにもかかわらず、ないと偽って販売されるのは困りもの。

【関連記事】ウマミもあるがリスクも潜むクルマの個人売買! よくあるトラブルと注意したいポイント3つ

個人売買で中古車を買うときに潜む罠画像はこちら

 とくに悪意をもって修復歴を偽って販売しようとする者は、そもそもキチンと直されていない場合もあり、普通に走行するだけでも危険な状態の個体というものも存在しているのだ。

3)不具合のごまかし

 本来抱えているトラブルを、あたかもそんなことがないかのように偽って販売する者もいる。代表的なものでいうとエアコンのトラブルだ。実際はエアコンガス漏れが発生しているにもかかわらず、実車を見せるときにガスだけ補充し、なにも問題がないように見せるというもの。

個人売買で中古車を買うときに潜む罠画像はこちら

 他にもエンジン不調で白煙が出ているのに、添加剤で一時的に白煙を抑えて売却することや、警告灯の電球を抜いて点灯しないようにするなど、ごまかし手段も多種多様となっている。

 そして、さらに問題なのが、そういった行為を騙す気マンマンでやっている悪い者がいる一方で、購入したときにすでにメーター改ざん車や修復歴有の車両であることを知らされずに購入してしまったユーザーが手放そうとした車両や、引き渡す前までは絶好調だったのに、引き渡し直後にトラブルが発生するケースもあることだ。

 そのため、クルマを見定める力と、購入後のトラブルは笑い飛ばせるくらいの気概がないとなかなか個人売買は難しい。だからこそそうならないために中古車専門店が存在しているのである。

名前:
小鮒康一
肩書き:
-
現在の愛車:
日産リーフ(2代目)/ユーノス ロードスター/マツダ・ロードスター(2代目) /ホンダS660/ホンダ・オデッセイ(初代)/ 日産パルサー(初代)
趣味:
長距離ドライブ
好きな有名人:
ザ・リーサルウェポンズ

画像ギャラリー


新着情報