人気のBMW1シリーズに待望のディーゼルエンジン搭載モデル「118d」を追加し発売

人気のBMW1シリーズに待望のディーゼルエンジン搭載モデル「118d」を追加し発売

X2に初搭載した新開発のディーゼルエンジン

 ビー・エム・ダブリューは、コンパクトハッチバックの1シリーズにクリーンディーゼルエンジンを搭載したBMW 118dをラインアップに追加し発売した。1シリーズにディーゼル追加

 今回追加されたディーゼルエンジンは、先代比でCO2排出量を約5%削減し、WLTCモード燃費は16.7km/Lを実現する新開発の2リッター直4クリーンディーゼルエンジンを搭載。最高出力150馬力(110kW)/4000rpm、最大トルク350N・m/1750-2500rpmを発揮する。1シリーズとしては初となる2ステージターボチャージャーを採用したこで、低回転域でも効率よくターボの特性を活かすことが可能となっている。1シリーズにディーゼル追加

 エクステリアはデザインは、よりスタイリッシュかつスポーティに進化した新型1シリーズをベースに、力強いディーゼルエンジン搭載車にふさわしい、90mm径のエキゾーストテールパイプを左右に装備した。1シリーズにディーゼル追加

 もちろん、直近に前進した50mの軌跡を記憶し、そのとおりに後退できるようステアリング操作を自動で行うリバースアシストといった運転支援機能なども充実している。メーカー希望小売価格(税込み)は下記の通り。

 BMW 118d Play Edition Joy+ 385万円
BMW 118d M Sport Edition Joy+ 423万円
BMW 118d Play 413万円
BMW 118d M Sport 451万円

※写真はすべて欧州仕様車のため日本仕様とは異なります。

画像ギャラリー