往年のF1マシンをオマージュ! ロータス・エリーゼに限定モデル「クラシック ヘリテージ エディション」を設定

往年のF1マシンをオマージュ! ロータス・エリーゼに限定モデル「クラシック ヘリテージ エディション」を設定

外観に合わせて内装もコーディネートされる特別な1台

 ロータスカーズの日本正規販売輸入総代理店であるエルシーアイは、全世界100台限定生産となるロータス・エリーゼの特別なモデル「クラシック ヘリテージ エディション」を発売すると発表。5月15日より、受注を開始している。車両本体価格(税込み)は、759万円。ロータス工場での生産は5月以降となり、⽇本デリバリーは2020年11月以降の予定だ。

【関連記事】【世界の名車】これぞスポーツカーの真の姿! 初代ロータス・エリーゼ

ロータス・エリーゼの特別仕様車画像はこちら

 究極のライトウエイトスポーツを追求した「エリーゼ スポーツ 220II」をベースに仕立てている。スーパーチャージャーを組み合わせた1.8リッターエンジンを搭載し、最高出力は220馬力、最大トルクは250N・mを発揮する。これをベースに、ロータスの輝かしいレーシングヒストリーをテーマにした特別な内外装が与えられた1台だ。

 ボディカラーの組み合わせは、ブラック/ゴールド、レッド/ホワイト/ゴールド、ブルー/レッド/シルバー、ブルー/ホワイトの4タイプ。そのなかでもブラック/ゴールドの組み合わせは、エマーソン・フィッティパルディが1972年のF1で5勝を挙げたマシン「Lotus Type 72D」をモチーフにしている。ロータス・エリーゼの特別仕様車画像はこちら

 そのほか、レッド/ホワイト/ゴールドは1968年にグラハム・ヒルがステアリングを握った「Lotus Type 49B」をオマージュ。ロータス・エリーゼの特別仕様車画像はこちら

 ブルー/レッド/シルバーはナイジェル・マンセル、エリオ・デ・アンジェリス、そしてマリオ・アンドレッティが1980年にドライブしたLotus Type 81をイメージしている。ロータス・エリーゼの特別仕様車画像はこちら

 そして、ブルー/ホワイトは1960年に活躍したLotus Type 18に捧げるモデル。このLotus Type 18は、かの有名なサー・スターリング・モスがロータスとして初のF1ポールポジション&初勝利を手にした記念すべきマシンだ。ロータス・エリーゼの特別仕様車画像はこちら

 このユニークなカラースキームに加えて、限定モデルであることを証明するビルドプレートがダッシュボードに備え付けられている。生産台数は4モデル合計で100台となり、ユーザーの注文数に合わせて生産台数の割当が変わることになる。

 また、日本仕様独自の仕様としては、クラリオン製CD/MP3/WMAオーディオ&4スピーカー、エアコンが標準装備となり、そのほかクルーズコントロール、超軽量鍛造ブラックダイヤモンドカットアルミホイール、2ピースブレーキディスク、フルブラックカーペット&フロアマットがベースモデルに対して標準装備となる。

 インテリアカラーパックも標準装備に。エクステリアカラーに合わせてアッパードアトリムとシートセンターインサート、各モデルを象徴するカラーに仕立てられたギヤセレクターサラウンドとダッシュボードが含まれている。ブルー/ホワイト車のみ、レッドアルカンターラのシートセンターが採用される。ロータス・エリーゼの特別仕様車画像はこちら

 4モデル共通の759万円という価格設定は、ベースモデルの682万円より77万円アップとはなっているが、特別装備されているオプションアイテムが総額110万5500円以上のため、お得な仕様になっている点にも注目だ。

画像ギャラリー