トヨタが中古車販売のデジタル化は予想以上の衝撃! 全メーカーを巻き込んだ新車のオンライン販売が加速する可能性も (1/2ページ)

トヨタが中古車販売のデジタル化は予想以上の衝撃! 全メーカーを巻き込んだ新車のオンライン販売が加速する可能性も

他メーカーのクルマの取り扱いも視野に入れている

 ネット上ではこれまで、あまり大きなニュースとして取り上げられていないが……。トヨタは今年(2020年)4月1日、「トヨタ、ブランド刷新とともにデジタル領域を軸に中古車事業を強化」というニュースリリースを出している。

 この「デジタル化」とは、オンライン販売とほぼイコールだ。トヨタによると、これまでT-Valueなど4つに分かれていた中古車ブランドを、トヨタ認定中古車としてブランド統一。その上で、トヨタ公式中古車サイトを刷新する。

 具体的には、ユーザーは24時間、オンラインで中古車の商談と注文ができる。取り扱う中古車は全国各地のトヨタ認定中古車店のクルマとなり、全国どこからでも取り寄せることができる。

トヨタのオンライン販売

 こうした体制を、2020年央を目途に始める。驚きなのは、他メーカー系列販売店とも「お互いの自社ブランドの中古車流通促進」について今後、検討するという。

 つまり、ホンダ認定中古車店で買い取ったトヨタ車を、トヨタ認定中古車ネットワークに載せるということだ。その先には当然、トヨタの中古車サイトで、他メーカーの中古車も買える時代が来る可能性がある。

画像ギャラリー