この費用カットできない? 新車を買うときの「下取り車諸手続代行費用」と「下取り車査定料」って何 (1/2ページ)

この費用カットできない? 新車を買うときの「下取り車諸手続代行費用」と「下取り車査定料」って何

似たような名称だが厳密には用途が異なる

 新車を購入するときには、さまざまな販売諸費用が注文書に計上される。そのなかで、下取り車がある場合に計上されるものに、「下取り車諸手続代行費用」と「下取り車査定料」がある。下取り車諸手続代行費用とは、下取り車をディーラーが引き取ってきたあと、いったん下取り車をディーラー名義にしてから、自社の中古車センターで再販したり、オークションに流したりすることによる代行費用となる。

 メーカー系正規新車ディーラーなどではほとんどないものと聞いているが、一部では手放したユーザー名義のまま転売し、購入したひとに手放したひとが用意した印鑑証明など名義変更に必要な書類を渡し、名義変更を購入者に任せるという業者もまだいるようだ。こうなると、新たに購入したひとが名義変更を即座に行わないと、いつまでも旧所有者名義のまま乗り続けられてしまうことも起こりうるのである。

 また、所有名義人が本人ではない場合、たとえばローンを完済していなかったり、完済しているのに所有権解除をしていない、さらには住所変更を行っていなかったりすると、下取り車諸手続代行費用は変わってくる(高くなる)とのこと。

下取り査定料の仕組み

 いま、残価設定ローンの普及もあり、ローン支払い途中で新車へ乗り換えるひとが増えてきているのだ。以前は、下取り車と同じメーカー系ディーラーであっても、ユーザー自らが残債を処理しなければ下取りには応じなかったが、いまでは多くのディーラーで、他メーカー車で残債があっても下取りに応じているので、ローン支払い途中での新車への乗り換えが増えていることもあり、下取り車諸手続代行費用に差をつけているようである。

画像ギャラリー