東日本大震災時の教訓! コロナ禍の車検有効期間延長で「車検&自賠責切れ車」が街に溢れる危険性 (1/2ページ)

東日本大震災時の教訓! コロナ禍の車検有効期間延長で「車検&自賠責切れ車」が街に溢れる危険性

新型コロナウイルスの収束が見えないための救済措置だが……

 国土交通省は今年2月末に、新型コロナウイルス感染拡大を防止するためとして、今年2月28日から3月31日までが自動車検査証の有効期間となる車両(つまり車検有効期間)について、4月30日まで有効期間を伸長するとした。しかし、その後も感染拡大に歯止めがかからず、全国に緊急事態宣言が発出されたりしたので、その後も伸長期間をたびたび伸ばし、いまでは全国で7月1日まで伸長できるようになっている。

【関連記事】【衝撃】街を走るクルマの15%は任意保険無加入という現実!

車検有効期限延長に伴う危険性画像はこちら

 一般的に“強制保険”と呼ばれる自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)についても、その継続手続きが猶予されている。ある新車ディーラーのセールスマンによると、「2011年の東日本大震災発生当時も、対象地域を絞って車検の有効期間が伸長されました。そして、その当時に、伸長期間内に継続検査を受けない、つまり期間が終わったあとに車検切れのまま乗り続けるひとが目立ちました」とのこと。

 さらに「今回の新型コロナウイルス感染拡大でも、車検有効期間が伸長されていますが、その対象は全国に広がっています。そのため、東日本大震災のときとは比較にならないほど、今後街なかに車検切れ、自賠責保険切れ車両が結構多めに走りだすという事態が起きそうで、危惧しています」と話してくれた。

画像ギャラリー