ファッション性だけじゃない! いま日本車に続々採用の「デイライト」の効果とは (1/2ページ)

ファッション性だけじゃない! いま日本車に続々採用の「デイライト」の効果とは

国産車でも採用するモデルが増えてきている

 EUでは2011年から新しい乗用車に義務化され、アウディやBMWは全車標準、国産車でもレクサス&トヨタ車、ホンダ車を中心に標準化装着やオプションで用意されるクルマが増えているデイライト。

デイライト

 昼間もライトを点けることで、ほかのクルマや歩行者からの被視認性を高め、交通安全・事故を防止するのに有効だとされている。理屈はわかるにせよ、実際どれぐらいの効果がるのか調べてみよう。

 まずEUで義務化されるはるか以前、1970年代からデイライトの点灯を義務化した北欧では、8.3%も交通事故が減ったというデータがある。同じくヨーロッパのドイツでは3.0%、米国でも5%交通事故が減少したとされ、その効果は少なくない。

デイライト

 日本国内では、北海道警が2003年に2500の業者を対象に行ったアンケートによると、デイライトを点けることで、人身事故が18.5%減少したという結果も! とくに早朝や日の高いお昼前後の事故が20%以上の減少した点が注目されている。

画像ギャラリー