対向車からパッシングも! 安全性を高めるクルマの「デイライト」の意外な落とし穴 (1/2ページ)

対向車からパッシングも! 安全性を高めるクルマの「デイライト」の意外な落とし穴

スモールとの同時点灯は禁止されている

 少々前に流行ったのが後付けのデイライト。法律的に昼間に点灯させる補助灯というものに対して規定はなかったのだが、安全性向上のために有用ということで、2016年に昼間走行灯として保安基準が定められた。

 この基準は、白色であることや、1440カンデラ以下、つまりそこそこの明るさだったりと、常識的な規定内容だ。これは後付けに対してであり、最近増えている純正での内蔵式のデイライトについては300カンデラ以下、点滅しない、光が増減しないという規定がなされている。またスモールなどとの同時点灯も禁止されている。

【関連記事】「HID」より暗いのになぜ? いまクルマのヘッドライトに「LED」が積極採用されるワケ

クルマのデイライトのメリット・デメリット画像はこちら

画像ギャラリー