「ガソリン」と「ハイブリッド」! 同じ車種に両方あるなら走りがいいのはドッチ?

「ガソリン」と「ハイブリッド」! 同じ車種に両方あるなら走りがいいのはドッチ?

走りの楽しさならガソリンに軍配!

 トヨタ・プリウスやアクアのようにハイブリッド専用車種というのは意外と少なく、ほとんどはガソリン車とハイブリッド車両方をラインアップする車種というのが一般的となっている。車種もスズキ・ワゴンRからホンダ・フィット、トヨタ・カローラ、日産スカイラインにレクサスLCと車格もジャンルもさまざまだ。では、ガソリン車とハイブリッド車、走りがいいのはどちらなのだろうか?

同じ車種のガソリン車とハイブリッド車の走りの違い

 何をもって走りがいいとするのかは人それぞれなので難しいところではあるが、まずパワー感で考えるのであれば、モーターアシストが働くハイブリッド車が上といえるかもしれない。しかし、サーキット走行のような特殊なシーンだと、バッテリーの電力をすぐ使いきってしまい、モーターアシストの恩恵が受けられるのはごく限られた時間だけとなってしまう。

同じ車種のガソリン車とハイブリッド車の走りの違い

 またハイブリッドモーターの使い方も、発進時などエンジンが苦手な範囲をアシストして燃費を上げるというものから、ターボやスーパーチャージャーのごとく、モーターの力を過給機のように使うものでも評価が変わってきてしまう。前者は軽自動車などで多く採用されているマイルドハイブリッドが、後者はレクサスLCのマルチステージハイブリッドが該当するだろう。

同じ車種のガソリン車とハイブリッド車の走りの違い

 となると、重たいバッテリーとハイブリッドシステムを搭載したハイブリッド車は、大きなハンディキャップを背負っているようなものとなってしまうわけだ。もちろんバッテリーとハイブリッドシステムが重たいのは、バッテリー容量が残っていたとしても変化はないので、軽快さという点ではハイブリッド車には辛いものがある。

同じ車種のガソリン車とハイブリッド車の走りの違い

 そして多くのハイブリッド車が採用している回生ブレーキも、最近のモデルはかなり良くなったとはいえ、純然たるメカニカルブレーキと比べてしまうとタッチやフィーリング、コントロール性にクセがあると言わざるを得ない。

同じ車種のガソリン車とハイブリッド車の走りの違い

 そういった点を考慮すると、やはり現状で純粋に走りを楽しみたいのであれば、ガソリン車がオススメということになるだろう。純然たるガソリン車にいつまで乗れるか分からないご時世ということもあるので、今のうちに楽しんでおくのがいいのかもしれない。

画像ギャラリー