ナメてかかると命を落とす! 梅雨時期に起こりうる「冠水道路」で立ち往生したときの正解とは (1/2ページ)

ナメてかかると命を落とす! 梅雨時期に起こりうる「冠水道路」で立ち往生したときの正解とは

冠水している場所の走行は極力避けて迂回する方が良い

 梅雨がやってきた。これから夏になるとさらに台風シーズンもやってくる。また、気候変動の影響でゲリラ豪雨も増えている。ゲリラ豪雨が怖いのは強い雨足に視界が遮られるだけでなく、道路の排水性能を超える雨量により水たまりができたり、アンダーパスなどが冠水してしまったりすることだ。

【関連記事】修理できるボーダーラインは? クルマはどこまで水に浸かると「廃車レベル」なのか

冠水で立ち往生したときの対処法画像はこちら

 そうした冠水状態を目の前にしたとき、ドライバーはどのように対処すればいいのだろうか。

 まず言えるのは冠水している場所の走行は極力避けることだ。迂回するなど可能な限り、冠水路を走らずに済むようなルートを選定したい。なにしろ、冠水している状態では、水の深さもわからなければ、水中にどのような障害物があるかも見えない。どんなクルマであっても情報のない冠水路に突入するのはリスクが大きすぎる。

冠水で立ち往生したときの対処法画像はこちら

 もし、目前の冠水路にほかのクルマが進入しているようなら、その様子をみて判断するという手もあるが、いずれにしても他車が冠水路を走行しているときは、その手前で待っているのが基本。完全に抜け切るまでは、冠水路内で停止してしまうかもしれないからだ。続けて入ってしまい、2台、3台と冠水内で停車してしまうのはあまりに危険だし、無謀な行為だ。

冠水で立ち往生したときの対処法画像はこちら

画像ギャラリー