これだけ世間で騒がれてもまだやるか! そこかしこで見かける高速道路での危険行為 (2/2ページ)

パーキングエリアを逆走する人も少なくない

2)パーキングエリアでの逆走

 高速道路でのオアシスとも言えるパーキングエリア。最近ではグルメやおみやげなども充実し、特定のパーキングエリアはさながら観光地のような賑わいを見せている。しかし、人気のパーキングエリアでは駐車スペースを見つけるのも一苦労だ。

【関連記事】サンデードライバーに多し! 知らずに周囲へ迷惑をかけてしまうNG運転8選

いまだに見かける高速道路での危険行為画像はこちら

 しかし、じつはパーキングエリアは基本的に一方通行となっており、駐車枠を求めてグルグル回るというのはNG。それは路面に書かれた矢印を見ても明らかなのだが、実際のところは駐車枠を求めて逆走する車両を見るケースは少なくない。

 そもそもパーキングエリアの通路は対面通行を考慮していないため、逆走をした場合は順走車と接触の可能性があるだけでなく、歩行者を危険に晒してしまう可能性もあるのだ。

 もちろん、通路に停車して駐車車両が出発するのを待つというのもNGで、基本的には駐車枠がいっぱいの場合はそのままパーキングエリアを出て、次のパーキングエリアを目指すというのがルールなのである。

3)大幅な速度超過

 高速道路だからといって、当然ながら無尽蔵に速度を出して良いわけではない。現状ではもっとも制限速度が高い区間でも120km/hとなっており、それを上回る速度で走行することは許されていない。

いまだに見かける高速道路での危険行為画像はこちら

 とはいえ、杓子定規的に何が何でも制限速度をキープして走行するのが安全かと言われると難しいところで、周囲の流れに合った速度で走行するのが一番安全に走行できたりもするのだが、一つ間違えば他車の命を簡単に奪いかねない速度で暴走することは許されることではない。

 一部ではスピードを出したければサーキットに行けばいいという声もあるようだが、多くのサーキットでは参加者が安全に走行できるようにと、一般公道よりも厳格なルールが設けられていることがほとんど。公道でのルールすら守れない人は来てもらいたくないというのが本音だろう。

名前:
小鮒康一
肩書き:
-
現在の愛車:
日産リーフ(2代目)/ユーノス ロードスター/マツダ・ロードスター(2代目) /ホンダS660/ホンダ・オデッセイ(初代)/ 日産パルサー(初代)
趣味:
長距離ドライブ
好きな有名人:
ザ・リーサルウェポンズ

画像ギャラリー


新着情報