ハリアーにキックスなど新型モデルが続々登場! 「ミニバン」や「軽」が人気の日本市場でも「SUV」ブームに陰りが見えないワケ (1/2ページ)

ハリアーにキックスなど新型モデルが続々登場! 「ミニバン」や「軽」が人気の日本市場でも「SUV」ブームに陰りが見えないワケ

日本市場でも新型車を投入するなどSUVブームが全盛

 まさに、SUVブームである。トヨタ・ライズと、その原型であるダイハツ・ロッキーが売上好調。ダイハツ・タフト、トヨタ・ハリアーは先行予約から好調。日産がブランニューの新車としては国内10年ぶりとなる「キックス」にメディアからもユーザーからも大きな注目が集まる。

【関連記事】【疑問】スポーツカーメーカーがこぞってSUVを出すわけとは?

世界的なSUVブームが衰えない理由画像はこちら

 2020年後半から来年21年にかけても、三菱アウトランダー、日産エクストレイル、トヨタ・ランドクルーザーと売れ筋SUVが目白押しである。ホンダではそろそろヴェゼルのモデルチェンジも期待したいところだ。

世界的なSUVブームが衰えない理由画像はこちら

 日本といえば90年代からこれまで、ミニバンと軽でモデル数が増え続け、その結果、世界市場では他に類をみないモデル構成になっている。それが、このところ一気にSUVシフトの様相。さすがに、ユーザーのミニバン疲れが出てきたのか?

 いや、現時点で、そうとは言い切れない。4月~5月のコロナ禍で、自動車メーカー各社に対して、筆者はSUVなどに関する質問をしてみた。そこから得られたデータを見る限り、人気SUVの購買層は、自銘他銘を問わずSUVからの乗り換え需要が多く、ミニバンからの乗り換えはいまのところ主流ではない印象だ。

 ただし、今後SUVモデル数がさらに増えると、ミニバンからの乗り換えトレンドが本格的に始まる可能性は否定できない。そもそも、そうしたトレンドをメーカー自身が仕掛けているのだから。

画像ギャラリー


新着情報