世界の頂点は「ドイツ車」信奉は未だに存在! 日本車は本当に負けているのか (1/2ページ)

世界の頂点は「ドイツ車」信奉は未だに存在! 日本車は本当に負けているのか

かつては憧れだったドイツ車に手が届く時代!

 AMGは「アー・マー・ゲー」、BMWは「べンべ」。

 そんな呼び方が一般的だった、70年代~80年代。ドイツ車の正規輸入車の数は、まだまだ少なかった。ゴルフやアウディは普及が徐々に進んではいたが、メルセデス・ベンツやBMWは庶民にとって高嶺の花だった。日本車とドイツ車との性能差も大きかった。

 それから30~40年以上たったいま(2020年)。ドイツのモデルラインアップはエントリーモデルからプレミアムモデルまで幅広く、価格も同じクラスの日本車よりやや高いといったところで落ち着いてきた。市場に出まわる新車が増えたことで、年式が新しく程度が良いドイツ中古車の価格もかなりこなれてきた印象がある。

【関連記事】じつは100万円以下! ハッタリかましてステータスを感じさせられる中古車3選

日本車とドイツ車はどちらが出来が良いのか画像はこちら

 それゆえ、庶民にとってドイツ車がショッピングリストに入る、現実的なクルマに思えるようになった。となると、改めて、ドイツ車と日本車との違いを真剣に考えるようになる。果たして、どちらが優れているのか?

 むろん、メーカー別、モデル別で比較方向は多岐に渡り、単純に優越をつけるのは難しいのは当然のこと。そこで、目線を日本車の作り手に置いて、ドイツ車との比較をしてみたい。

 筆者はこれまで数十年間に渡り、ドイツ全土でドイツ車関連の取材を行い、また世界各地で様々な日本車開発の現場を体験してきた。その上で、あくまでも一般論として、これから先の話を進めたい。

画像ギャラリー