じつに2年ぶりの販売! アウディRS3スポーツバック&セダンが日本市場に復活

じつに2年ぶりの販売! アウディRS3スポーツバック&セダンが日本市場に復活

新色のボディカラー採用や機能系装備を充実させた

 アウディ ジャパンは、A3スポーツバック&セダンをベースに、アウディ スポーツがレースで得たテクノロジーを投入した高性能モデル「アウディRS3 スポーツバック(850万円/税込み)」ならびに「アウディRS3 セダン(869万円/税込み)」を約2年ぶりに日本市場へ投入する。スポーツバックは8月18日(火)より、セダンは9月15日(火)より発売される。

【関連記事】400馬力エンジンを搭載したアウディTT RS&RS3セダンが登場! 同時にR8スパイダーも発表

アウディRS3スポーツバック&セダンが2年ぶりに日本市場投入へ画像はこちら

 アウディRSシリーズは、高性能スポーツモデルとしてラインアップの頂点に君臨。最近ではSUVにも設定され、走りを楽しみたいユーザーから支持を得ているモデルだ。今回、久々の日本市場導入となったRS3スポーツバックならびにRS3セダンは、コンパクトなボディと相まって軽快な走りを披露する。また、セダンは今世界的に人気の高まっているツーリングカーレースに参戦するモデルのベースマシンとしても人気だ。

アウディRS3スポーツバック&セダンが2年ぶりに日本市場投入へ画像はこちら

 久々に日本導入される今回は、特別装備が与えられた。エクステリアはマトリクスLEDヘッドライト、フロントダイナミックターンインディケーター、マットアルミニウムスタイリングパッケージを備える。

アウディRS3スポーツバック&セダンが2年ぶりに日本市場投入へ画像はこちら

 インテリアは、ファインナッパレザーとダイヤモンドステッチを組み合わせたRSスポーツシート、赤いアクセントリングが印象的なエアコン吹出口、レッドステッチ入りフロアマットなどを採用した。

アウディRS3スポーツバック&セダンが2年ぶりに日本市場投入へ画像はこちら

 足まわりは電子制御可変ダンパーのアウディマグネティックライドを装備するほか、スポーツバックとセダンで異なるデザインのアウディ スポーツ製5本スポーク19インチアルミホイール&235/35R19タイヤを組み合わせている。搭載するエンジンはオールアルミ製2.5L直5ターボエンジンで、最高出力400馬力、最大トルク480N・mを発揮する。トランスミッションは7速Sトロニックで、当然4WDシステムのクワトロと組み合わされる。

 ボディカラーは、新色となるキャラミグリーンのほか、ナルドグレー、グレイシアホワイトメタリック、ミトスブラックメタリックの4色から選択可能だ。

アウディRS3スポーツバック&セダンが2年ぶりに日本市場投入へ画像はこちら

画像ギャラリー