「悪気」はなくても「心がえぐられる」ことも! クルマ好きが語る「本当にあった」同乗女子の驚愕発言3つ (1/2ページ)

「悪気」はなくても「心がえぐられる」ことも! クルマ好きが語る「本当にあった」同乗女子の驚愕発言3つ

クルマ好きとそうではない人とでは意識のギャップが大きい

 クルマ好きと、そうではない人とでは、クルマに関する知識や意識のギャップが大きい。とりわけ、クルマに興味のない女性は、クルマ好きの人にとっては思いもよらない感覚でクルマを見ていることが多く、時としてビックリさせられるものだ。「モテないカーマニア」の代表格である筆者でさえ、女性による予想外の言動に仰天した経験がいくつかあるので、今回はそれを紹介したい。

「なんでこのクルマ、ドアが自動で開かないの?」

 タクシーのイメージからか、パワースライドドア付きのミニバン育ちゆえなのかは定かではないが、クルマのドアは自動で開閉するものだと思っている女子がいる。目的地に着いても降りようとしないので、男性にドアを開けてエスコートされることを待つ意識高い系女子なのかと思いきや、ドアが自動で開くのを待っていたのだった。「えーっ!? このクルマドアが自動で開かないんだ?」と真顔で指摘。

「俺のクルマは世界ラリー選手権で3年連続世界チャンピオンを獲得した」「水平対向エンジン搭載で低重心&好バランス」などと愛車の美点を熱弁しても、「でもドアは自動で開かないんだよね?」と蔑んだ目で返されるのであった。

【関連記事】にわか確定! 本物のクルマ好きはやらない公道での無意味な行為6選

愛車に乗るマリオ高野さん画像はこちら

画像ギャラリー


新着情報