オデッセイ大幅改良モデルのティザーサイト公開! ホンダ初の機能も追加し今秋登場

オデッセイ大幅改良モデルのティザーサイト公開! ホンダ初の機能も追加し今秋登場

手を触れずにスライドドアを開けられる機能をプラス!

 ホンダは、プレミアムミニバン「オデッセイ」の改良モデルを今秋に登場させることを発表。先行情報をホンダ公式ホームページにて公開した。

 オデッセイはミニバンブームの火付け役的存在として、1994年に初代モデルが誕生。ミニバン=スライドドアではなくヒンジドアを採用するなど、スタイリッシュなデザインで大ヒットとなったホンダを代表するモデルだ。現行モデルが登場したのが2013年。超低床プラットフォームによって、広い室内空間と風格を兼ね備えた雰囲気を持つ。さらに、2モーターハイブリッド「e:HEV」の搭載によって、優れた燃費性能と上質かつ力強い走りを味わえる。

 今回の改良で一番に注目したいのがエクステリアデザインだろう。フロントマスクを大幅に刷新。ヘッドライトは近ごろ発売されている、最新のホンダ車が採用する先進的なヘッドライトをはじめ、六角形の特徴的なフロントグリルなどを採用。ガラリとイメージチェンジを図っている。

 機能面も新たな技術が採用されるという。パワースライドドアのセンサーが光っている際に、手でジェスチャー操作をすることで、車両には手を触れずにパワースライドドアの開閉が可能になるという。この機能は日本国内では初搭載となる。

【関連記事】【試乗】燃費と動力性能を両立した理想のミニバン「ホンダ ・オデッセイ・ハイブリッド」

ジェスチャー操作で開閉可能なスライドドア画像はこちら

 また、予め施錠操作を行うことで、パワースライドドアを閉めた際に自動で施錠するという予約ロック機能をホンダ車として初めて採用した。これにより、機能性などを大幅に向上させている。インテリアも改良され、洗練された印象に仕立てられている。

オデッセイ改良モデルのインテリア画像はこちら

詳しい最新情報は、下記公式ホームページにて
https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/new/

画像ギャラリー


新着情報