空を感じながらMTを楽しむ! フィアット500の限定モデル「マヌアーレ・ピゥ・チエロ」登場

空を感じながらMTを楽しむ! フィアット500の限定モデル「マヌアーレ・ピゥ・チエロ」登場

マットカラーのグリーンが上質感を感じさせる1台

 FCAジャパンは、フィアットブランドの人気コンパクトハッチバック「Fiat 500/500C」をベースにした限定車「500/500C マヌアーレ・ピゥ・チエロ」を設定。9月19日(土)より、230台限定で発売する。メーカー希望小売価格(税込み)は、ハッチバックが276万円(155台限定)、カブリオレが295万円(75台限定)となっている。

 今回の限定モデルの一番のトピックは、現在フィアット500シリーズに設定されていない、マニュアルトランスミッション仕様であることだろう。車名にも用いられている“マヌアーレ”は、イタリア語でマニュアルを意味している。

【関連記事】本当にお買い得? 自動車メーカーが「特別仕様車」「限定車」を出す意味とは

限定モデルに採用されたマニュアルトランスミッション画像はこちら

 ハッチバック仕様は固定式のガラスルーフを採用。クローズドボディならではの静粛性と、開放感あふれる室内空間を両立した特別な1台だ。ちなみに、カブリオレ仕様はもちろん、このガラスルーフを採用したハッチバック仕様と、両モデルともに空を感じながらドライブを楽しめるということで、イタリア語でプラスを意味する“ピゥ”、そして空を意味する“チエロ”を、先ほどのマヌアーレと組み合わせているのだ。

ハッチバックモデルに採用されたガラスルーフ画像はこちら

 ボディカラーは、今回の限定車専用色となる、新色のポルトフィーノグリーンを採用。深みのある緑はマットカラー仕立てのため、上質感も感じさせる仕立てとなっている。加えてスポーティさを感じさせる前後のバンパー、16インチ専用アルミホイールの採用により、たくましさをプラスしている点にも注目だ。

専用16インチアルミホイールを採用したエクステリア画像はこちら

 インテリアは、テクノレザー&ファブリックを組み合わせたブラックカラーのシートをはじめ、ダッシュボードはボディカラーに合わせたマットグリーン仕上げで内外装をコーディネートする。

ボディカラーと同様のインパネを採用したインテリア画像はこちら

 搭載するエンジンは875ccの2気筒ターボ。最高出力は85馬力だが、マニュアルトランスミッションで気持ち良い加速を味わえる。燃費はJC08モードで26.6km/Lと、低燃費も両立している。

画像ギャラリー


新着情報