なんと日本は「自動運転車対応指数」で11位! 先進メーカーだらけなのに世界で遅れをとる理由 (1/2ページ)

なんと日本は「自動運転車対応指数」で11位! 先進メーカーだらけなのに世界で遅れをとる理由

様々な観点からのスコアリングされる自動運転車対応指数

 自動運転車対応指数の世界ランキングで、日本は今年11位となった。昨年の10位から後退してしまった。

 この指数は、世界的な公認会計事務所であり、企業や国・自治体への各種コンサルテーション業務を行っているKPMGが独自の見解で取りまとめているものだ。

 同社が世界各地で展開する拠点が各国や各地域の状況を把握し、分野別でスコアリングし、その合計得点で年間ランキングを公表している。

 今年のランキングトップは、シンガポール。昨年2位から一歩前進した。今年の2位は昨年トップのオランダ。3位は昨年と変わらずノルウェー。以下、アメリカ、フィンランド、スウェーデン、韓国、UAB(アラブ首長国連邦)、デンマークと続き、11位が日本である。

 スコアリングされる分野は4つ。政策や法整備。テクノロジーとイノベーション。インフラ整備。そして、社会需要性だ。

【関連記事】一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

自動運転のイメージ01画像はこちら

 トップのシンガポールの場合、国の面積が狭いなか、自動運転に対して積極的な法整備を行っていることで、この分野が世界トップ。また、政府の広報活動や大学などとの連携も充実していることから、社会需要性でも世界トップである。

画像ギャラリー