「人と被らない」うえに「いいクルマ」! それでいて「激安」という「ワガママ」な中古SUV3選 (2/2ページ)

noteで書く

初めて完全停止までカバーした衝突被害軽減ブレーキ搭載車とは?

2)メルセデス・ベンツ Mクラス(2代目)

 現在のGLEクラスのご先祖とも言えるのが1997年に登場したMクラスだ。初代モデルは初めてアメリカの向上で生産されたこともあってか低品質という烙印が押されてしまったが、その反省を生かして2005年に登場した2代目はメルセデス・ベンツらしい質感と完成度をもったモデルに生まれ変わっている。

【関連記事】ブームなのに不人気だから安値! 中身で勝負の中古SUV車4選

メルセデス・ベンツMクラスのフロントスタイリング画像はこちら

 本格的なクロスカントリーSUVではないものの、全グレードが4MATIC(4WD)であり、トップグレードのML63 AMGには510馬力を誇る6.2リッターV8エンジンが搭載され、圧倒的な動力性能を誇っていた。

 新車時は700万~1500万円ほどだった2代目Mクラスだが、現在では安いものでは100万円台前半から、ML63 AMGでも300万弱から狙うことができてしまう。

メルセデス・ベンツMクラスのリヤスタイリング画像はこちら

3)ボルボXC60(初代)

 ここのところ人気を集めつつあるボルボ。昔から安全面に関して真摯に向き合ってきたメーカーだけに、そのあたりの考え方が一般ユーザーにも多く浸透してきた証と言えるだろう。そんなボルボが2008年にリリースしたXC60は、世界で初めて完全停止までカバーした衝突被害軽減ブレーキ「シティーセーフティー」を搭載した車種である。

ボルボXC60の走行シーン画像はこちら

 日本での販売は欧州の発売からおよそ1年以上遅れた2009年8月だったが、これは前述の完全停止までカバーした衝突被害軽減ブレーキの認可に時間がかかったためであった。なお、2013年の改良では作動速度を引き上げたほか、自転車の検知機能も追加するなど、先進安全装備の性能を向上させており、他メーカーの一部の現行車種よりもこの時点で高い性能を有していた。

ボルボXC60のリヤスタイリング画像はこちら

 そんなXC60も、初期型であれば総額100万円以下、先進安全装備が強化されたものでも200万円以下の予算で狙うことができるようになってきた。

ボルボXC60のインストゥルメントパネル画像はこちら

NO IMAGE
名前:
小鮒康一
肩書き:
-
現在の愛車:
日産リーフ(2代目)/ユーノス ロードスター/マツダ・ロードスター(2代目) /ホンダS660/ホンダ・オデッセイ(初代)/ 日産パルサー(初代)
趣味:
長距離ドライブ
好きな有名人:
ザ・リーサルウェポンズ
noteで書く

画像ギャラリー


新着情報