三菱ミニキャブ・ミーブが一部改良 グレード体系見直しや法規対応で仕様を変更

三菱ミニキャブ・ミーブが一部改良 グレード体系見直しや法規対応で仕様を変更

車両接近通報の法規対応で一部装備にも変更

 三菱自動車は、軽商用電気自動車の「ミニキャブ・ミーブ」のグレード展開を見直した。また、同時に一部改良も施して9月17日より発売した。メーカー希望小売価格(税込み)は、2シーターが243万1000円、4シーターが245万3000円。

 ミニキャブ・ミーブは、アイ・ミーブで実績のあるく同様バッテリーやモーターなどを応用した軽商用電気自動車。2011年12月に発売され、新世代の働くクルマとして支持を得ているモデルだ。

 今回、グレードをCD(16.0kWh)のハイルーフに集約。2シーターと4シーターの2タイプから選択するシンプルな構成となった。

【関連記事】「石油の枯渇」が原因じゃない! 世界的に電気自動車シフトが進む本当の理由とは

2シーター仕様のインテリア画像はこちら

 また、同時に一部機能を変更。車両接近通報装置の法規対応のため、車両接近通報のOFFスイッチを廃止。それに伴い、これまでOFFスイッチを押した際に点灯していたメーター内のOFF表記も廃止されている(キーOFF時や装置の故障時には点灯)。さらに、通報音の発生車速域を0〜35km/hに拡大し、音量と音程を最適化している。そのほか、トラクションコントロールOFFスイッチの形状を変更している。

画像ギャラリー


新着情報