歴代Zがズラリ集結! 新型フェアレディZプロトタイプも展示されたモーニングクルーズ特別版 (1/2ページ)

歴代Zがズラリ集結! 新型フェアレディZプロトタイプも展示されたモーニングクルーズ特別版

会場を彩るフェアレディZたち

 毎月第2日曜日に東京・渋谷にある代官山蔦屋書店で行われている「代官山モーニングクルーズ」。朝7時から10時まで、毎月設けられたテーマ企画に沿ったクルマたちが集結するイベントで、オーナーたちの交流の場としての人気が高まっている。2020年は新型コロナウイルスの影響で、中止が続いてきたが、9月から感染防止対策をとりながら行われている。

 通常はテーマ車以外のクルマも参加することができるが、今回は車種を特定したスペシャルテーマでの開催となった。10月のテーマは「フェアレディZ」。9月16日にプロトタイプの発表がなされた新型の日産フェアレディZの登場を記念した特別版だ。

入場を待つたくさんのフェアレディZ

 台風14号が日本に接近することが騒がれていたなか、クルマ好きのあいだでは今回のモーニングクルーズが話題となっていた。その理由は、先日発表された日産「フェアレディZプロトタイプ」の特別展示が行われるということにある。

 イベント当日、事前申込みに見事当選した歴代フェアレディZのオーナーたちが続々と入場してきた。古くは1969年に登場した初代フェアレディZ(S30)をはじめ、S130型、Z31型、Z32型、Z33型、Z34型がズラリと並ぶ姿は圧巻。あいにくの雨模様にもかかわらず、参加したオーナー同志の会話が弾んでいたのが印象的だった。

会場内に並ぶフェアレディZ

 台風の進路がそれたこともあり、荒天は免れたものの、霧雨となった空模様にも関わらず、情報を聞きつけかけつけてきた一般の来場者も、アンベールされたフェアレディZプロトタイプに熱い視線を送る。

アンベールされた新型フェアレディZプロトタイプ

 旧いモデルを見て昔話に華を咲かせ懐かしむ方もいれば、歴代モデルをじっくり見てから新型フェアレディZのプロトタイプとデザインの比較をするなど、思い思いの時間を楽しんでいた。

新型フェアレディZプロトタイプの撮影をするファン

 そこで実際に実車をみたオーナーに新型フェアレディZプロトタイプの印象を尋ねてみた。

画像ギャラリー