トヨタ・クラウンが一部改良! 安全機能を充実させるなど魅力向上

トヨタ・クラウンが一部改良! 安全機能を充実させるなど魅力向上

インパネデザインも刷新して機能を充実

 トヨタ自動車は、ラグジュアリーセダン「クラウン」を一部改良した。メーカー希望小売価格(税込み)は、489万9000円〜739万3000円。

 まず注目したいのは、トヨタの予防安全パッケージ「トヨタ・セーフティセンス」の進化だ。トヨタ初採用の技術として、ふたつの機能がプラスされている。ひとつ目は、ドライバーが体調不良などによって無操作状態が続いているとき、車両を徐々に減速させて自車線内に停車させる「ドライバー異常時対応システム」を搭載。万が一の際の早期救命救急をサポートしてくれる。

【関連記事】【試乗】ニュルで鍛えた効果はある? 新型トヨタ・クラウンを公道で走らせる

クラウンのサイドビュー画像はこちら

 もうひとつは、全車速追従機能付きレーダークルーズコントロールにプラスされる「カーブ速度抑制機能」。AI技術を応用して前方のカーブの大きさを推定、ステアリングの切り始めで速度を抑制し安全運転に貢献してくれるというもの。

 そのほか、歩行者検知(昼夜)および昼間の自転車運転者検知を行うことで衝突回避ならびに被害軽減に寄与する「プリクラッシュセーフティ」に3つの機能を追加している。これにより、対応する事故形態を拡大した。

1 交差点右左折時の対向直進車および対向方向から横断してきた歩行者の検知
2 低速時における自車直前の歩行者や自転車運転者、車両を検知し加速を抑制する低速時加速抑制機能
3 緊急時のドライバー回避操舵をきっかけに操舵アシストを行う緊急時操舵回避支援機能

 また、ディーラーオプションとして障害物の有無に関わらず、アクセルの踏み間違いを検知すると加速を抑制する「プラスサポート」も用意されている。

 車両自体の魅力も向上している。エクステリアは、RS AdvanceならびにRS Advance Fourにスパッタリング塗装が施された専用18インチアルミホイールを新設定。

新ホイールを採用したRS Advance画像はこちら

 ボディカラーには新規開発となる、プレシャスホワイトパールとプレシャスメタルに加え、エモーショナルレッドIIの3色を追加している。

追加された3色画像はこちら

 インテリアは、本革シートをRS Advance、RS Advance Four、G、G Fourの4グレードでも選択可能に。また、インパネデザインも刷新し、12.3インチTFTタッチワイドディスプレイを備えたTコネクトSDナビゲーションシステムを新たに採用した。

刷新されたインテリア画像はこちら

画像ギャラリー


新着情報