走り系の「軽」でも採用されない! なぜ軽自動車にはFRがないのか? (1/2ページ)

走り系の「軽」でも採用されない! なぜ軽自動車にはFRがないのか?

リヤ駆動の乗用軽自動車はほぼ皆無!

 スポーツカーの基本と言えるのがリヤ駆動。フロントで舵を取り、リヤで路面を蹴るというのは非常に理にかなっていると言えるだろう。

 もちろん有り余るパワーを的確に路面に伝えるのであれば、全輪を駆動させる4WDが有利ではあるが、操っている感を楽しむのであれば、リヤ駆動のほうがピュアな走りを堪能できるという意見は多い。

【関連記事】レーシングドライバーが選ぶ! MTで楽しめる歴代軽自動車ランキングTOP5

トヨタ86の走り画像はこちら

 最近ではスペース効率の優れたフロントエンジンフロントドライブのFF車が全盛ではあるが、一部のスポーツモデルでは未だにFRレイアウトを採用している車種も存在しているのはそういった理由があると言えるだろう。

 一方、軽自動車クラスのスポーツモデルと言うと、現行モデルではスズキ・アルトワークス、ホンダN-ONE RS、ダイハツ(トヨタ)コペン、そしてホンダS660といったところで、このなかで後輪を駆動するのはS660だけとなる。

ホンダS660の走り画像はこちら

 しかし、S660はミッドシップレイアウトであり、残念ながら2人乗り。それなら4人乗ることができるフロントエンジンリヤドライブの軽自動車が存在していてもおかしくないのに、なぜ存在していないのだろうか。

画像ギャラリー