車名をオシャレにアレンジしたルノー・トゥインゴ特別仕様車「シグネチャー」に新色を追加して発売

車名をオシャレにアレンジしたルノー・トゥインゴ特別仕様車「シグネチャー」に新色を追加して発売

TWINGOの文字をあしらったオシャレな仕立て

 ルノー・ジャポンは、オシャレなコンパクトモデル「トゥインゴ」に設定される特別仕様車「ブラン クオーツ」を追加。12月3日より発売開始した。メーカー希望小売価格(税込み)は、217万円。

 パリの街並みやライフスタイルに溶け込むよう、モダンな外観や高い小回り性能などを兼ね備えた人気のコンパクトカー。1992年に初代が誕生し、「TWIst」「sWINg」「tanGO」という3つのキーワードから着想を得てトゥインゴと名付けられている。

 今回の特別仕様車「シグネチャー」は、“TWINGO”の文字をデザインしたタイポグラフィーを、専用サイドストライプをはじめシート、キッキングプレートに散りばめて個性的に仕立てたモデルだ。

【関連記事】【試乗】ルノー トゥインゴ ゼン5速MTはクルマとの対話が楽しい貴重なモデル

タイポグラフィーの一例画像はこちら

 おもな装備内容は、シグネチャーロゴ入りボディ同色サイドプロテクションモール、専用サイドストライプ、16インチアロイホイール、ブルー内装トリム(ダッシュボード/エアコンベゼル)、専用キッキングプレートなどが装備される。

シグネチャーのインパネ画像はこちら

 シグネチャー専用のボディカラーは、ブルー オセアンと新色のブラン クオーツの2色となっている。どちらも内外装にルージュのアクセントカラーが入ることで、魅力的なスタイルに生まれ変わった特別仕様車だ。

ブルーの特別仕様車画像はこちら

画像ギャラリー


新着情報