クルマの給油口やカタログに書かれている「無鉛ガソリン」の「無鉛」って何?

クルマの給油口やカタログに書かれている「無鉛ガソリン」の「無鉛」って何?

かつては有鉛ガソリンが一般的だった!

 輸入車やレンタカーの説明書に、「使用燃料は無鉛プレミアム(ハイオク)ガソリン」「無鉛レギュラーガソリン」などと書かれている場合がある。

 この無鉛ガソリンとはどういう意味なのか?

 じつは1970年代までは、日本でもガソリンに鉛=アルキル鉛を微量添加した有鉛ガソリンが一般的に売られていた。

 ガソリンにアルキル鉛を添加するとオクタン価が高くなり、アンチノック性が高くなるのと、バルブまわりの潤滑性がよくなり、バルブシートの摩耗を抑える効果があったためだ。

 しかしアルキル鉛には毒性があるため、鉛中毒を引き起こす可能性もあり、大気汚染の原因にもなるので、日本では1975年にレギュラーガソリンが無鉛化された。ハイオクガソリンもMTBEなど含酸素系添加剤をアンチノック剤に使うことで1987年に無鉛化となり、以後、ガソリンスタンドで購入できる自動車用のガソリンは、レギュラー・ハイオクを問わず、完全無鉛化になっている。

 したがって、今日では、「レギュラーガソリン」=「無鉛レギュラーガソリン」であり、「無鉛プレミアムガソリン」=「ハイオクガソリン」だと思って間違いない。

【関連記事】じつは禁止事項! セルフスタンドで自動停止後の「チョビチョビ入れ」が危険な理由

ガソリンスタンドのイメージ画像はこちら

 ちなみに1972年の3月までに生産されていた国産のガソリンエンジン搭載車は、すべて有鉛ガソリンが指定だった!

1970年代の国産車のイメージ画像はこちら

 なお、一昔前までサーキットでは、航空機用の有鉛ガソリン、通称AVGAS(アブガス)を売っていた。アブガスは普通のハイオクよりもオクタン価が高く、圧縮比を高めたレース用エンジンやターボチューンの競技車に使われていたが、いまはレース専用のガソリンでも国内で市販されているものは有鉛ではなく、オクタン価向上剤を配合した無鉛ガソリンになっている(オクタン価は110前後)。

画像ギャラリー