ジープ・コンパス&チェロキーに全身をダークカラーで統一した限定車「Sモデル」を100台限定発売

ジープ・コンパス&チェロキーに全身をダークカラーで統一した限定車「Sモデル」を100台限定発売

上級グレードをベースにスポーティさをアップ

 FCAジャパンは、Jeepブランドの人気SUV「コンパス」および「チェロキー」に、ダークカラーでコーディネートした限定車「S-Model(エスモデル)」を設定。12月12日(土)より各100台限定で発売した。メーカー希望小売価格(税込み)は、コンパスが439万円、チェロキーが519万円。

 コンパス Sモデルは、上級グレードのリミテッドをベースに仕立てた。ボディカラーはブリリアントブラッククリスタルを設定している。ブラックを基調としつつダークグレーを部分的にあしらったフロントグリルを採用。このほかにもグラナイトカラーのウインドウモールやフォグランプベゼル、専用19インチアルミホイールや“S”のバッジを装備し、特別感を演出。

【関連記事】本当にお買い得なのか? 特別仕様車の中身を徹底分析

コンパスSモデルのイメージ画像はこちら

 インテリアも、グレーステッチを施した運転席パワーシート付きブラックレザーシートをはじめ、ガンメタルインテリアアクセントやブラックカラーのヘッドライナーが特別装備に。ラゲッジルームには裏面を拭き取りやすい材質としたリバーシブルカーゴフロアを装備。アウトドアなどで重宝すること間違いなしだ。

カーゴフロアマット画像はこちら

 もう1台、チェロキーSモデルは、同じく上級グレードのリミテッドをベースに採用。ボディカラーはダイアモンドブラッククリスタルC/C。フロントグリルやエンブレムなどをグラナイトクリスタルと呼ぶアクセントカラーで統一している。ホイールは1インチサイズアップの19インチとし、同じくグラナイトカラーでペイントされている。

チェロキーSモデル画像はこちら

 さらに、グラナイトアクセント付きのフォグランプベゼルを備えた、ボディ同色のフロントバンパーを採用。ブランドバッジなどはグラナイトクリスタルカラーでペイントされ、ダークグレールーフレールを装備したことでダイナミックなスタイリングに仕立てられている。インテリアも、アノダイズドガンメタルインテリアアクセントを採用。個性的な限定車となっている。

チェロキーSモデルインテリア画像はこちら

画像ギャラリー


新着情報