届け出ないと「違法改造」になる可能性も! クルマで手軽に「イジって」いい場所ダメな場所4つ (1/2ページ)

届け出ないと「違法改造」になる可能性も! クルマで手軽に「イジって」いい場所ダメな場所4つ

大幅なサイズ変更や乗車定員、形状の変更などは届け出が必要!

 クルマをチューニングしたり、カスタムしたり、ドレスアップする場合、車検に通る、つまり保安基準に適合した合法カスタムかどうかというのは大事なところ。

 多くのアフターパーツは『指定部品』といって、装着・交換した場合でも、保安基準をクリアできるようになっているが、下記の場合は、陸運支局にクルマと書類を持ち込み「構造変更検査」を受ける必要がある。

1)大幅な外寸の変更・車重の変更がある場合

 普通乗用車 長さ:+−30mm、幅:+−20mm、高さ:+−40mm、車両重量:+−100kg

 軽自動車と小型自動車 長さ:+−30mm、幅:+−20mm、高さ:+−40mm、車両重量:+−50kg

 上記の範囲を超えた改造は、構造変更の届け出が必要(例:オーバーフェンダーや、リフトアップなど)。

【関連記事】ベタベタの「シャコタン」が公道走行の不思議! 「車検」に通る最低地上高は「9cm」のハズ?

オーバーフェンダー画像はこちら

 ただし、キャリア&ルーフボックス、ウインチやけん引用のヒッチメンバー、グリルガード、ラダー、アンダーガードなどは『指定部品』なので、ボルト・ナットなどで固定されている場合は構造変更の対象にならない。一方で、リベット・溶接による恒久的取付となると構造変更が必要になる。取り付け方法で変わるので、確認が必要だ。

2)乗車定員の変更を伴う場合

 ロールバーを入れたり、オーディオカスタムでリヤシートをとった場合、ミニバンなどで3列シートを取り外したクルマは構造変更の対象。

3列目シートを取り外したクルマ画像はこちら

画像ギャラリー


新着情報