マツダCX-30が商品改良を実施! エンジン出力を向上させてクルマとの一体感アップ

noteで書く
マツダCX-30が商品改良を実施! エンジン出力を向上させてクルマとの一体感アップ

ワールドカーオブザイヤーTOP3選出記念モデルも登場

 マツダは、新世代商品第2弾となる「MAZDA CX-30」を商品改良。一部モデルを先行販売した。おもに運動性能や安全性を向上させている。メーカー希望小売価格(税込み)は、239万2500円(20S・2WD)から371万3600円(X L Package・4WD)。

 パワートレインは、新世代ガソリンエンジン「e-SKYACTIV X」および「SKYACTIV-D 1.8」搭載モデルのエンジンとトランスミッションの制御技術をアップデート。エンジン出力を向上させている。e-SKYACTIV X車は、180馬力から190馬力へ、SKYACTIV-D 1.8は116馬力から130馬力にアップしている。また、アクセル操作に対する応答性とコントロール性も向上。ドライバーがクルマとの一体感を味わえる仕様に仕立てられた。

【関連記事】なぜ二桁車名? ジュネーブで公開されたマツダCX-30を開発者に直撃

e-SKYACTIV Xのエンブレム画像はこちら

 安全性は、クルージング&トラフィックサポート(CTS)の作動上限速度を、従来の55km/hから高速域まで拡大。それに合わせて制御を最適化することで、高速道路での疲労や運転ストレス軽減に貢献してくれる。また、マツダレーダークルーズコントロー(MRCC)の加減速制御を、よりドライバーの感覚に近くなるよう変更した。これらの改良によって、市街地から郊外、高速道路とさまざまな状況で気持ちいい走りを楽しめるようになっている。

 このほか、100周年特別記念車 2020ワールドカーオブザイヤーTOP3選出記念モデルを設定した。100周年特別記念車の装備に加え、エクステリアカラーはソウルレッドクリスタルメタリックとし、TOP3選出記念モデル専用オーナメントが購入記念品として納車時にもらえる。メーカー希望小売価格(税込み)は、315万380円(20S L Package・2WDベース)〜406万9980円(X L Package・4WDベース)。

進呈されるオーナメント画像はこちら

画像ギャラリー


新着情報