クルマもだけど周辺環境も凄かった! いかにも「イタ車」「アメ車」はあるけど「日本車らしさ」とは? (1/2ページ)

クルマもだけど周辺環境も凄かった! いかにも「イタ車」「アメ車」はあるけど「日本車らしさ」とは?

インテリアに日本人らしい”心遣い”が感じられる

 いまや、日本車といっても、世界各地で製造販売されている世界戦略車が多い。それは、日本車だけではなく、欧州車やアメ車も状況は同じこと。さらに世界最大市場の中国からも世界に向けて製造販売を強化するかもしれない。

 こうしたグローバル化が進むなか、日本車に対して、他の国のメーカー車と比べて大きな違いを見出すことは難しい。

 とはいえ、世界各地で日本車に接していると、「やっぱり日本人らしいなぁ」と感じる瞬間がある。それはインテリアについてだ。多彩な収納スペースに対する”心遣い”である。コストをかけずに、さまざまなアイディアを盛り込んでいるところが、なんとも日本人らしい。

【関連記事】「ドアがあっても座席がない」「ぶつける前提のボディ」日本人の発想が追いつかない輸入車「珍装備」5つ

車内のティッシュボックス画像はこちら

 そのうちで、利便性の高いアイテムならば、当然、世界各メーカーが”参考”にするのだが、それでもなお、日本人らしい”心遣い”による新アイディアが投入される。

 この発想はやはり、軽自動車という車体寸法に規定がある車内空間を、最良の部屋に仕立てるという”匠の技”を思わせるような、モノづくりへの配慮からだろう。

 もちろん、こうした各所の部品には、多様なサプライヤー企業の”心遣い”が活かされている。

画像ギャラリー


新着情報