「日産リーフ」vs「ホンダe」!  いま「電気自動車」を買うならドッチがいいか徹底比較 (1/2ページ)

「日産リーフ」vs「ホンダe」!  いま「電気自動車」を買うならドッチがいいか徹底比較

一充電航続距離で比較すればリーフe+の圧勝

 ホンダeは、ホンダがクルマの未来を見据えて提案する都市型コミューターとして開発されたピュアEV。ボディサイズは全長3895×全幅1750×全高1510mm、ホイールベース2530mmと、まさにコミューターとしてのコンパクトさが売り。搭載リチウムイオンバッテリーの容量を、走行距離重視ではなく、都市型コミューターとして適切な35.5kWh、1充電走行距離をWLTCモードで最高283km(JC08モードでは308km/いずれも標準グレード)としている割り切りも大きな特徴だ。

 一方、日本が誇るピュアEVの代表格が、日産リーフ。2017年に登場した現行モデルは、駆動用バッテリーを先代の24kWhから40kWhに拡大したことで、WLTCモードで322kmの航続距離を達成。さらに2019年には62kWhのバッテリーを搭載するe+をリリース。WLTCモードで458kmと、ガソリン車に遜色ない航続距離を実現している。ボディサイズは全長4480×全幅1790×全高1560mm、ホイールベース2700mmと、ファミリーカーとしても十分なサイズ、室内空間を備えている。

 ここで両車の性能を比較してみると、ホンダeは標準車がモーター出力136馬力、32.1kg-m、アドバンスグレードが154馬力、32.1kg-m。車重はそれぞれ1510kg、1540kg。すでに説明したように、WLTCモードでの一充電航続距離はそれぞれ283km、259kmとなる。ちなみに乗車定員はコミューターゆえ4名となり、最小回転半径は4.3mと軽自動車並みに小回りが利く。

【関連記事】噂のなかにはウソもある! 今夏の酷暑に起きた「電気自動車のホント」3つ

ホンダeの走り画像はこちら

 リーフはと言えば、標準車のモーター出力150馬力、32・6kg-m、e+になると218馬力、34.7kg-m。車重はそれぞれ1520kg(X/Gグレード)、1670-1680kgとなる。WLTCモードでの一充電航続距離はリーフが322km、e+が458kmとなる。定員はもちろん5名。最小回転半径は5.2~5.4mである。

 忘れてはいけないのは価格。ホンダeは451万円~。リーフは装備的に満足できるXグレードで381.92万円~。e+で441・1万円というプライスだ(別途補助金あり)。つまり、ホンダeを軸に価格的にリーフを比較する場合は、62kWh版のe+がライバルということになる。

日産リーフe+の走り画像はこちら

 一充電航続距離で比較すれば、リーフe+の圧勝である。何しろWLTCモードで458km。実質320kmぐらいは無充電で走れるのだから、ガソリンスタンドに行かずに済む、フツーの自動車のように使うことができるのだ。

 ただし、そもそもホンダeは都市型コミューターとして割り切られ、最大でも289km。実質200kmちょっとだから遠出には不向きだが、本来の使い方として、毎日の生活でコミューターとして使う分にはまったく問題ない航続距離と言っていい(自宅の充電設備は不可欠)。また、急速充電による充電時間はリーフe+は約60分、ホンダeは約30分で80%まで急速充電できる。充電スポットでの現実的な使い方、充電環境からすれば、ホンダeのほうが充電に費やすロスタイムが少なく、たとえ遠出しても充電回数が少なくて済むかもしれない。

画像ギャラリー