「日産 リーフ」の記事一覧

日産 リーフに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

12年連続EV販売台数No.1の圧倒的信頼と実績! 日産のEVがこれほどまでに売れる理由とは

日本カー・オブ・ザ・イヤーに輝いた日産サクラをはじめ、国内外からさまざまなモデルが登場 した2022年。しかし、日産が世界初となる量産EVとして初代リーフを発売したのは2010 年。今年度他社がようやくスタートラインに立...

続きを読む...

派手な「ウリ」はないけど乗ればわかる「いぶし銀」の魅力! プロが太鼓判を押す「なんかいい」クルマ5選

この記事をまとめると ■際立った機能や性能は有してなくても「いいクルマ」と言い切れるモデルを紹介 ■長年続く人気モデルである場合が多く、失敗したくないなら間違いない選択だ ■日本のBEV市場の歴史を作ったモデルも「なんか...

続きを読む...

思えばずいぶん「サイズ」が変わりました! 今と昔のクルマで「大きくなったモノ」「小さくなったモノ」

この記事をまとめると ■クルマの進化の過程で「大きくなったもの」「小さくなったもの」をピックアップ ■ホイールやナビ画面など、見栄えと使い勝手を考慮すると大きくなる物のほうが多い ■低燃費化によって小さくすることが可能に...

続きを読む...

量産型EVのパイオニア「リーフ」とは?

この記事をまとめると ■リーフは日産の電気自動車 ■2010年に登場し、2017年に2代目となった ■現行型の進化の歴史やおすすめグレードなどについて解説する 現行型リーフの進化の歴史を振り返る  2010年に新世代EV...

続きを読む...

いまや20車種以上! 本格的な電気自動車時代を予感させる「いま日本で買える」EVラインアップ

この記事をまとめると ■トヨタとスバルがEVを発売し、日本メーカーでEVをもたないのはスズキとダイハツだけ ■日本でも購入できるEVの選択肢が増えてきた ■日産と三菱から軽EVが発売されれば200万円以下からEVを選べる...

続きを読む...

テスラ・モデル3が市販EVの航続距離では1位! だがクルマの値段で航続距離を割った「コスパ」では日本車も上位に進出する

この記事をまとめると ■現在販売されているEVの航続距離ランキングを作成 ■テスラの航続距離は長く、他社よりも優位に立っている ■輸入車ばかりのEV市場だが、日産リーフの性能もまだまだ一級品 いま買えるBEVの航続距離を...

続きを読む...

一部仕様を向上したのに値下げを実施! 補助金利用なら実質300万円以下から日産リーフが買える

この記事をまとめると ■日産リーフが一部仕様向上により快適で魅力的になったのに値下げを実施 ■リーフNISMOも仕様を向上、新世代NISMOデザインカラーリングとなり魅力を増した ■リーフAUTECHも上質でエレガントな...

続きを読む...

続々EVが登場する2022年! EVへの一般客の本音をディーラーで聞いたら反応は「鈍め」だった

この記事をまとめると ■各社からEVが出る2022年は「電動車元年」となるが現場での評判はどうかを聞いた ■最近は電動車のみで比較検討をするお客が増えてきた ■依然として充電インフラ整備が販売のネックで充電に不安を抱く消...

続きを読む...

気がつけば選択肢多数の「EV」選びをスバッと解決! 5ジャンルで「1位」のクルマを決めた

この記事をまとめると ■どんどん増えているEVを5つのジャンルに分けて評価 ■EVならではの魅力を持ったクルマが多数 ■ガソリン車にはできないことがEVではできるので新しい発見ができるのが魅力だ あまり比較されないEVの...

続きを読む...

トヨタが大々的に表明したEV戦略! それを受けたトヨタ以外の国産7大メーカーの動きはどうなる?

この記事をまとめると ■トヨタが2030年までに350万台のEVを販売する戦略を明らかにした ■対する日産&三菱はe-POWERとPHEVによる段階的な電動化が予想される ■EV/FCV化100%という目標に対するホンダ...

続きを読む...

最初はシティーハンターに憧れてミニ! 「フナタン」こと小鮒康一さんは一桁万円のクルマも大好きだった【みんなの愛車遍歴 Vol.5】

この記事をまとめると ■「フナタン」の愛称で親しまれるライター小鮒康一さんの愛車遍歴を紹介 ■最初は「クルマ好き」よりかはマンガに出ていたクルマと同じクルマが欲しいだけだった ■現在ではロードスターやリーフなど、新旧の名...

続きを読む...

主役をトヨタがさらうのかそれとも? 電気自動車バトルを担う「今買える」国産EV

この記事をまとめると ■トヨタが2030年までに350万台のEVを世界販売する計画を発表した ■トヨタのEV販売計画の発表でEV導入が遅れていた日本でも急速な普及が期待されている ■現在、日本で買うことができる日本車のE...

続きを読む...

自動車コラムニスト山本晋也さん最終的に行きついたのはエブリイバンだった! 【みんなの愛車遍歴 Vol.2】

この記事をまとめると ■WEB CARTOP執筆陣の愛車遍歴を紹介、第2弾は自動車コラムニストの山本晋也さん ■最初のマイカーはスターレットGTで独立初期の相棒はアルミボディの2シーター ■経験することを優先したクルマ選...

続きを読む...

電動車最大のメリットなのにナゼ? 輸入EVやPHVが「外部給電できない」裏にある意識の違い

この記事をまとめると ■欧州メーカーのHVやPHVには外部電源供給装備がほとんど備わっていない ■欧州電動車がここ数年の登場に対し、日本の電動車は20年近くの歴史があり、装備も充実 ■最近の欧州は大規模自然災害が起こって...

続きを読む...

じつは多い「駐車恐怖症」! クルマでの外出が苦じゃなくなる本当に使える「駐車支援機能」5選

この記事をまとめると ■自動で駐車してくれる機能が軽自動車にまで普及している ■一般的なバック駐車だけでなく、縦列や線のない場所でも可能なクルマも存在 ■クルマから降りてスマートフォンで操作するシステムも実用化されている...

続きを読む...

デイリーランキング