「日産 リーフ」の記事一覧

日産 リーフに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

最初はシティーハンターに憧れてミニ! 「フナタン」こと小鮒康一さんは一桁万円のクルマも大好きだった【みんなの愛車遍歴 Vol.5】

この記事をまとめると ■「フナタン」の愛称で親しまれるライター小鮒康一さんの愛車遍歴を紹介 ■最初は「クルマ好き」よりかはマンガに出ていたクルマと同じクルマが欲しいだけだった ■現在ではロードスターやリーフなど、新旧の名...

続きを読む...

主役をトヨタがさらうのかそれとも? 電気自動車バトルを担う「今買える」国産EV

この記事をまとめると ■トヨタが2030年までに350万台のEVを世界販売する計画を発表した ■トヨタのEV販売計画の発表でEV導入が遅れていた日本でも急速な普及が期待されている ■現在、日本で買うことができる日本車のE...

続きを読む...

自動車コラムニスト山本晋也さん最終的に行きついたのはエブリイバンだった! 【みんなの愛車遍歴 Vol.2】

この記事をまとめると ■WEB CARTOP執筆陣の愛車遍歴を紹介、第2弾は自動車コラムニストの山本晋也さん ■最初のマイカーはスターレットGTで独立初期の相棒はアルミボディの2シーター ■経験することを優先したクルマ選...

続きを読む...

電動車最大のメリットなのにナゼ? 輸入EVやPHVが「外部給電できない」裏にある意識の違い

この記事をまとめると ■欧州メーカーのHVやPHVには外部電源供給装備がほとんど備わっていない ■欧州電動車がここ数年の登場に対し、日本の電動車は20年近くの歴史があり、装備も充実 ■最近の欧州は大規模自然災害が起こって...

続きを読む...

じつは多い「駐車恐怖症」! クルマでの外出が苦じゃなくなる本当に使える「駐車支援機能」5選

この記事をまとめると ■自動で駐車してくれる機能が軽自動車にまで普及している ■一般的なバック駐車だけでなく、縦列や線のない場所でも可能なクルマも存在 ■クルマから降りてスマートフォンで操作するシステムも実用化されている...

続きを読む...

EVでは寿命でも「第2の人生」が待っている! だからEVはエコだといえる「バッテリー」の行方とは

この記事をまとめると ■EVの駆動用バッテリーはクルマとしての用途を終えた後も定置型蓄電池として利用可能 ■初代リーフのバッテリーはさまざまな用途で二次利用されている ■ライフサイクルで考えた場合、積み替えた再利用バッテ...

続きを読む...

【試乗】大人のAUTECHか? ヤンチャなNISMOか? 日産リーフをとことん楽しむ2台の特別モデルに比較試乗!

この記事をまとめると ■日産リーフには+αの魅力ある2台のスペシャルモデルが用意されている ■リーフAUTECHはクールで大人の上質感を持ったプレミアムスポーティなモデル ■リーフNISMOはホットでヤンチャなピュアスポ...

続きを読む...

「駐車」がどうしても苦手! 苦痛! 恐怖! そんな人が乗るべき「本当に使える」支援機能が付いたクルマ5選

自車を空から見たように映してくれる便利機能が付いたモデルも!  クルマの運転は苦じゃないし、ドライブは大好きなんだけど、車庫入れをするのだけが苦手、という人は意外に多いものです。免許を取ったばかりの人だけでなく、何年も経…

続きを読む...

日産リーフが仕様変更を実施! 新ボディカラーの追加や抗菌シート&ステアリングを一部グレードに採用

AUTECHにも新たな2トーンカラーを追加  日産自動車は、電気自動車「リーフ」の一部仕様を変更するとともに、新たに「アーバンクロム」を設定し発売した。リーフは初代モデルの登場から10年が経過し、グローバルで累計54万台...

続きを読む...

充電の割高感に同門ライバルの存在! EVの先駆者「日産リーフ」の売り上げが低迷するワケ

リーフは2021年4月にマイナーチェンジを控えている  最近は電気自動車が話題になるが、リーフの売れ行きは低調だ。2020年の登録台数は1万1286台で、1か月平均は940台であった。前年に比べて43%減り、コロナ禍の影...

続きを読む...

流行に敏感な女子なら「いち早く」乗っておきたい! 日本で買えるオシャレEV5台

女性なら誰しもうっとりしてしまうようなEVも!  東京都の小池都知事が、「2030年までに新車の販売を”脱ガソリン車”にします」と明言したこともあって、一気にEV(電気自動車)へのシフトが進むのではないか? と注目されて...

続きを読む...

「日産リーフ」vs「ホンダe」!  いま「電気自動車」を買うならドッチがいいか徹底比較

一充電航続距離で比較すればリーフe+の圧勝  ホンダeは、ホンダがクルマの未来を見据えて提案する都市型コミューターとして開発されたピュアEV。ボディサイズは全長3895×全幅1750×全高1510mm、ホイールベース25...

続きを読む...

もう「駐車が苦手」とビビる必要なし! いまどきの本当に使える「ほぼ自動駐車」システム搭載車5台

駐車支援システムの実用性は格段に上がっている  クルマで出かけると重い荷物が運べるし、雨の日も猛暑の日も快適な空間で移動できていいですよね。最近は感染症予防のためにも、積極的にクルマで出かけるという人も多いと思います。そ…

続きを読む...

【ムービー】日産リーフNISMO2020年モデルはレーシングドライバーも納得の走りを披露!

質感を高めたような走りを披露!  日産のモータースポーツ活動や、カスタマイズパーツの開発などを手掛けるニスモ。同社が培ってきた技術やノウハウを注ぎ込んで仕立てているのが、コンプリートカーシリーズの「NISMO」である。頂...

続きを読む...

【試乗】ハンドリング性能が大幅向上! 日産リーフNISMOが2020年モデルに進化

サスペンションチューニングやパワステの最適化を実施  日産のEV・リーフをベースにNISMO(ニスモ)が仕立てたリーフNISMOが、2018年モデル(18MY)から2020年モデル(20MY)へと進化した。試乗する機会を...

続きを読む...

デイリーランキング