自動運転ともサポカーとも違う! 自動車メーカーも使い方があやふやなイマドキ用語「ADAS」とは (1/2ページ)

自動運転ともサポカーとも違う! 自動車メーカーも使い方があやふやなイマドキ用語「ADAS」とは

「サポカー」は概念であり海外では通じない

 最近、クルマに関する記事でよく見かける、ADAS(エーダス)。アドバンスド・ドライバー・アシスタンス・システム(先進運転支援装置)のことだ。

 商品名では、スバルのアイサイト、日産のプロパイロット、ホンダのホンダセンシング、マツダのi-アクティブセンス、そしてトヨタのトヨタセーフティセンスなどである。機能としては、各メーカーで若干の違いはあるが、大まかな内容は似ている。

 もっとも重要なのが、前方に対するシステムだ。カメラ1つ、または2つ、さらに77GHz帯域のミリ波レーダーを連携させる場合が多い。いわゆる自動ブレーキ(衝突被害軽減ブレーキ)である。

【関連記事】一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

自動ブレーキのイメージ画像はこちら

 後方については、斜め後方からの追い抜きや、後退時に横方向からの接近には、24GHz帯域のミリ波レーダーを用いた検知機能が一般的だ。

 また、ボディの前後左右に赤外線センサーを配置して、駐車時に壁などの接近の度合いを音と車内表示でドライバーに知らせたり、停止状態または極低速走行時のアクセルとブレーキの踏み間違い防止を行う機能も一般化してきた。

 こうしたADAS機能を持つクルマを近年、サポカーと呼ぶことがある。サポカーは、日本の経済産業省が高齢ドライバーによる事故防止を啓蒙するために考案した「概念」だ。その上で、サポカーと呼べる性能については国土交通省が基準を策定している。

 つまり、サポカーは日本固有の表現であり、海外でサポカーと言っても相手にはまったく通じない。

画像ギャラリー