日本とドイツの融合! BMW7シリーズに限定車「ピュアメタルエディション」をオンライン限定発売

日本とドイツの融合! BMW7シリーズに限定車「ピュアメタルエディション」をオンライン限定発売

人間国宝の技を用いた上質な室内空間が広がる

 ビー・エム・ダブリューは、フラッグシップセダンである7シリーズをベースに、日独の匠の技やクラフトマンシップを融合した限定車「ピュアメタルエディション」を2台限定で発売する。なお、販売方法は1月29日(金)11:00よりBMWオンラインストア(https://online-store.bmw.co.jp/)にて受け付ける。納車は2021年春ごろの予定だ。メーカー希望小売価格(税込み)は、2650万円。

【関連記事】本当にお買い得? 自動車メーカーが「特別仕様車」「限定車」を出す意味とは

ピュアメタルエディションのリヤビュー画像はこちら

 ベースとなっているのは、ラグジュアリーを追求した「BMW 750Li xDrive Excellence」の左ハンドル仕様。ボディカラーには、特別色となるBMWインディビデュアルのピュアメタルシルバーだ。重厚なメタルの塊感や、磨き込まれた表面の美しさが特徴である。塗料の粒子密度を向上させ、厚みのある塗装面や極めて高い平滑性という硬度な技術を融合したボディカラーとなっている。

ボディカラーのイメージ画像はこちら

 インテリアは、同じくBMWインディビデュアルのフルメリノレザー・スモークホワイト/ナイトブルーでコーディネート。さらに、人間国宝である奥山峰石氏が手掛けた鍛金・象嵌細工が施された銀板トリムを採用している。

ピュアメタルエディションのインテリア画像はこちら

 この銀板トリムは、繊細な文様を切り抜き銀板に接合。木槌や金槌で叩いてめり込ませて文様を仕上げるという、非常に高度な打込象嵌の技法を用いて文様が施される。表面処理後に赤胴部分が青みを帯びた艷やかな黒の文様として浮かび上がる。これにより洗練された日本画の世界観、日本人の美意識を感じさせてくれる。また、トリムに描かれるモチーフには福島県の三春滝桜の枝垂れ桜を選択している点も注目だ。

桜のトリム画像はこちら

 後席にはエグゼクティブラウンジシーには、BMWインディビデュアル・クールボックスを標準装備としている。このクールボックスには、奥山氏の作品のなかでも人気の高い、槌目打ちの純銀製カップの表面に桜の花の文様をあしらった、専用のカップをふたつ装備している。桜の枝がデザインされたトリム装飾と桜の花が咲く純銀製カップにより、季節を感じさせるラグジュアリーなドライブを楽しめる1台に仕立てられている。

専用グラス画像はこちら

画像ギャラリー