戦略的モデル2台が日本初上陸! キャデラック「XT4」と「CT5」の中身とは (1/2ページ)

noteで書く
戦略的モデル2台が日本初上陸! キャデラック「XT4」と「CT5」の中身とは

キャデラック初となる小型SUVモデルがついに登場!

 ゼネラルモーターズ・ジャパン(GMジャパン)は2021年1月16日に、キャデラックブランド初となるコンパクトSUV「XT4」とラグジュアリーセダン「CT5」を初披露した。どちらも日本初導入となる。価格(税込み)はXT4が570万円〜670万円、CT5が560万円〜620万円。デリバリー開始はXT4が2021年2月から、CT5は2021年3月を予定する。

 XT4は高級感あふれる「プレミアム」とトップグレードの「プラチナム」、スポーティな走りが楽しめる「スポーツ」の3グレードを用意した。価格(税込み)はプレミアムが570万円、スポーツが640万円、プラチナムが670万円。

【関連記事】【試乗】これがアメ車? キャデラック5台一気乗りで感じた良い意味での裏切り

XT4のフロント画像はこちら

 エンジンには新開発となる2.0リッターターボエンジンと9速オートマチックトランスミッションを組み合わせ、最高出力230馬力、最大トルク350N・mを発揮する。低負荷時に2気筒を休止、燃費効率とパフォーマンスを最大化する業界初の気筒休止システムをはじめ、低回転時のターボラグを抑え、NAエンジンに匹敵するスロットルレスポンスを提供するツイン・スクロール・ターボシステム、ツインクラッチAWDシステムなどを搭載した。

XT4のエンジン画像はこちら

 全長×全幅×全高が4605mm×1875mm×1625mmとスタイリッシュなボディで、クラストップの後席スペースを確保。ラゲッジスペースも637Lの荷室容量を備える。エクステリアはフロントとリヤのライトに最先端のLEDテクノロジーを採用し、フロントにはロービームとハイビーム、デイタイムランニングライト用のLED式ライトブレードを装備。キャデラック独特のL字型ライトを水平に伸ばしたことで、ワイドなボディと存在感あふれるルックスを強調させた。

XT4のラゲッジ画像はこちら

 インテリアには各シートで温度を最適化するデュアルゾーン空調システムやすべての乗員に最適なオーディオサウンドを届けるBOSE Surround Sound Systemの13スピーカー、音源の制御とアクティブノイズキャンセレーション技術で実現した車内の静粛性など、乗る人すべてのための快適性を重視している。

XT4の内装画像はこちら

 また、安全性能も高めた。プラチナムとスポーツの2グレードにはレーダーやカメラ、センサーなどの技術を用いたエマージェンシーブレーキシステム、アダプティブクルーズコントロールなど20以上の最新安全装備を搭載する。プレミアムにはフロントオートマチック歩行者対応ブレーキやABS、クルーズコントロール、オートマチックパーキングアシストを備えた。

 さらに、普段のドライビングで利便性を高める最新型のキャデラック・ユーザー・エクスペリエンスを採用。タッチスクリーンやロータリーコントローラー、スクロール、ハードボタンを組み合わせたインターフェースで、スマートフォンのような操作性を可能とした。ほかにも、各種吸音材や装備を用いた遮音・消音対策やワイドな後方視界を確保するリヤカメラミラー、イオン発生除菌機能つきのエアコンディショナーなど、多彩な装備や技術が生かされている。

XT4のタッチスクリーン画像はこちら

 ボディカラーは3グレード共通でラジアントシルバーメタリックを標準カラーとし、ステラーブラックメタリック、クリスタルホワイトトゥリコート、オータムメタリック、シャドーメタリックの4色を有償ペイントとした。

XT4のボディカラー画像はこちら

 インテリアカラーはプレミアムがジェットブラック1種(シャドーメタリックでは受注発注色)、スポーツがライトウィート/ジェットブラック&レッドアクセント(ラジアントシルバーメタリックとシャドーメタリックでは受注発注色)と、有償ペイント色にはジェットブラック/シナモンアクセントを受注発注色として設定した。プラチナムにはライトプラチナム/ジェットブラック(ラジアンとシルバーメタリックとシャドーメタリックでは受注発注色)と有償ペイント色にはジェットブラックを受注発注色として用意する。

XT4の諸元表画像はこちら

画像ギャラリー


新着情報